• 会社のホームページで企業研究する方法
    転職サイトで気になる求人を見つけたら、その会社のホームページを調べてみましょう。ホームページはその会社が外部に発信する最新の企業情報です。中には事業内容を詳しく記している企業もあります。現在では多くの企業がホームページを開設しているので、企業研究をする際にはぜひ隅々まで目を通し、その企業のことを調べ上げてください。 企業のサイトは全ページを覗こう企業のサイトを見つけたら、トップページから全てに目を... 続きを読む
  • 転職エージェント利用のメリットとは? 人材紹介で転職活動
    転職エージェント(人材紹介)は転職者と企業の両方の希望条件に沿って、両者を仲介する民間の職業紹介所のことで、厚生労働大臣の許可を得て業務を行っています。よく人材派遣と混同されますが、全くの別物です。転職エージェントでは専門の転職コンサルタントが無料でサポートしてくれるので、転職の負担を軽減できます。転職エージェントは人材バンクとも言います。転職エージェントのサポートには、次のようなものがあります。... 続きを読む
  • 転職求人応募の注意点! 一括応募や好条件の企業に気をつけよう
    一般的な転職サイトの場合、自分で求人企業を検索して自分で応募します。その利点は、企業と直接コンタクトが取れることです。そのため志望動機や自己PRを自分なりに表現でき、自分の熱意を企業に直接ぶつけることができます。その反面、気をつけるべきこともあります。 エントリーシートの内容が問われるエージェント型ではない一般的な転職サイトの場合、全て自分で転職活動を進めなければなりません。書類選考では応募書類の... 続きを読む
  • 転職サイトによる求人応募の種類や違い
    転職サイトで気に入った求人を見つけたら、その企業に応募します。転職サイトから求人応募する方法は、サイトによって異なります。リクナビNEXTのようなデータベース型の転職サイトは求人検索から応募まで全て自分で行わなければなりません。それに対してdodaのような転職エージェントではコンサルタントが仲介に入ってサポートしてくれるので非常に便利です。どちらのサービスも、無料で利用することができます。実際に登録して使... 続きを読む
  • 転職求人の応募条件における年齢制限や実務経験が足りない場合
    転職活動で求人情報を目にすると、必ずといっていいほど応募条件というものがあります。30歳未満、実務経験3年以上といったものです。気に入った求人があったのに、「年齢制限にオーバーしている」「実務経験の年数が足りない」ということで応募を諦めた人もいるかもしれません。また中途採用を行う企業の中には、転職者に実務経験を求めるケースも多いです。求人募集欄に「実務経験○年以上」という文字を見たことがある人も多いは... 続きを読む
  • 転職サイトの利用で気をつけることは? 要注意な転職サイトと利用時のマナー
    求人情報の閲覧から応募、転職のノウハウの収集など、転職活動を行う上で転職サイトは重要な役割を果たします。今や転職サイトなしに転職活動はできません。しかし転職サイトの利用には、注意すべきこともあります。数ある転職サイトの中には管理や運営が不十分なところもあり、そのようなサイトに登録しても質の高い転職活動は望めません。特に次のような転職サイトには注意してください。 求人件数や更新頻度が少ない掲載求人数... 続きを読む
  • 転職サイトから求人に応募する方法
    インターネット上にはたくさんの転職サイトがあり、様々な種類があります。転職サイトを大別するとデータベース型と人材バンク型に分けることができ、求人への応募に違いがあります。前者は直接応募、後者は間接応募になります。 データベース型転職サイトデータベース型とはキャリコネのような一般的な転職サイトです。転職サイトから希望の求人を自分で探し、自分自身で直接応募書類を送信します。この方法の場合、複数の企業に... 続きを読む
  • 転職活動におけるエントリーシート作成の注意点と応募書類の送り方
    転職サイトから企業に応募する際、エントリーシートを作成します。エントリーシートとは「学歴」「職歴」「資格」などの項目を設けた応募書類で、要するに履歴書と職務経歴書に該当するものと考えてください。エントリーシートの体裁は転職サイトによって異なりますが、役割は同じです。エントリーシートを送付することで、応募の意思を示したことになります。 エントリーシートで書類審査企業はエントリーシートの情報をもとに書... 続きを読む