• コネを使った転職活動。人脈を生かして転職を成功させる
    新聞の求人広告や求人情報誌、インターネットの転職サイトを利用するなど、転職活動には様々な方法があります。コネも転職では有力な武器となります。コネの場合は企業の採用計画とは無関係で、口コミで採用が決まることも少なくありません。たまたま欠員が出た場合などに、コネ採用が行われます。転職に生かせるコネがないかも探してみてください。 日頃からの人脈作りが大切コネで転職を考える場合は、日頃から人脈を作っておく... 続きを読む
  • 転職は目的を明確に、強い意志を持って活動しよう!
    転職の自己分析では、なぜ転職したいのかを明確にしましょう。これは転職が最善の選択なのかを確認するためでもあるし、会社に不満があるのか、仕事内容に不満があるのか、職種に不満があるのかを明らかにするためです。目的のない転職活動は迷走する恐れがあります。まずは転職の目的をはっきりとさせ、強い意志を持って活動しましょう。 不満の内容によって転職先を検討するもし会社に不満があるのなら、同じ業種の他者に転職を... 続きを読む
  • 5月の転職活動は有利? 不利? どう動けばいい?
    5月は転職活動に不向きな時期と言われます。この時期は求人数が低調だからです。しかし5月でも求人を募集している企業はたくさんありますし、転職サイトを使えばいくらでも希望の業界・業種の求人情報を入手できます。また転職活動に不向きな時期であることを逆手に取って、スムーズに転職を行うことも可能です。5月ならではのメリットも存在するからです。ここでは5月の転職活動について解説します。 競争率の低い5月の転職戦線... 続きを読む
  • 転職活動で何社受けても採用されない原因
    転職活動を始めた当初は、すぐに採用が決まるだろうと考えていたのに、何か月経っても何社受けても採用されない……という人もいるかもしれません。「キャリアやスキルには自信があったのに、なぜ?」と、自信を喪失してしまいそうになるかもしれません。しかし採用されないのは「能力が足りない」からではなく、「アプローチ方法が悪い」ケースが大半です。ここでは転職で採用されない理由や原因について解説します。 会社分析に力... 続きを読む
  • 転職には計画的な行動が大切! 生活費を確保して活動しよう!
    転職を成功させるには、機敏な判断と計画的な行動が重要です。思いつきで行動すると、予想だにしない事態を招く恐れもあります。いくら自分のキャリアに自信があっても、すぐに転職先が見つかるとは限りません。そのため生活費はじめ資金を十分に確保し、自分なりにスケジュールを立てて活動してください。 転職の流れ中途採用の求人応募は、新卒採用時の流れとほぼ同じです。1、求人募集している企業の中から、自分の希望にあっ... 続きを読む
  • 転職の応募書類3点セットとは? 履歴書、職務経歴書、添え状の役割
    転職・中途採用の選考は、最初に書類選考を行うのが一般的です。近年は転職サイトから送信されるエントリーシートで書類審査をする企業も増えていますが、書面による応募書類の提出を求める企業も未だ少なくありません。転職の書類選考では、自分が具体的に何ができるかをアピールしましょう。 応募書類で書類選考が行われる丁寧な企業の場合、求人欄に「履歴書・職務経歴書送付。書類選考の上、面接日時をご連絡します」と書かれ... 続きを読む
  • 採用担当者はどこを見ている? 実務未経験者や同業界同業種の転職
    転職活動ではキャリアの棚卸しや企業研究、求人探し、履歴書や職務経歴書の作成、面接対策など、やるべきことはたくさんあります。しかしそれだけでは転職を成功させることはできません。採用されるには応募企業が何を求めているかを見抜く必要があります。そのためには採用担当者が転職希望者のどこを見ているかを知っておいた方が有利です。そこで採用担当者がどこを見ているかを、実務未経験者や同業界同業種の転職に分けて解説... 続きを読む
  • 転職の志望動機で使ってはいけない表現とは? 志望理由を述べるコツ
    求人企業に応募する際、志望動機の記入に困る人も多いようです。志望動機をどう書けばいいのか分からず、ついつい類型的な表現になってしまう人もいますが、使ってしまうとマイナスの印象を与える表現もあります。転職活動では使いたくなるけど使ってはいけない志望動機の表現も知っておきましょう。 志望動機で使ってはいけない表現 憧れの業界(企業)だった憧れを持つのは構いませんが、「その憧れの業界で何ができるのか」「... 続きを読む
  • 転職回数が多い人の職務経歴書の書き方
    転職の回数が多いと、採用選考では不利になります。またすぐに辞めてしまうのでは、と思われてしまうからです。これは職務経歴書でフォローしましょう。会社の倒産やリストラの場合は、事実をそのまま書いても構いません。しかしそれ以外の場合は、キャリアアップのためということを強調した方がいいです。 採用担当者の不安を払拭しよう転職回数が多いと、本人にとっては意義のある転職だったとしても、採用担当者は「またすぐに... 続きを読む
  • 職務経歴書の利用方法とは? キャリアのアピールとカバー
    履歴書だけでも大変なのに、職務経歴書を書くのは非常に面倒ですよね。しかし中途採用の選考において、企業は履歴書よりも職務経歴書を重視します。言い換えれば、職務経歴書は自己アピールの最大のチャンスでもあるのです。転職を成功させるためにはまず「職務経歴書をかくのが面倒」という考えを捨て、「職務経歴書は自分を売り込む絶好のツール」という考えを持ちましょう。職務経歴書を存分に利用し、転職を成功させてください... 続きを読む