転職・求人サイト比較『転職成功.com』

転職・求人サイト比較『転職成功.com』は、転職活動に役立つ転職サイト・求人サイトや人材バンクの利用法、転職サイト比較、求人情報を紹介しています。

    List of posts!

転職の求人が増える時期

転職成功の第一条件は、なるべくたくさんの求人情報を集めることです。豊富な求人情報の中から、自分の希望条件に合う仕事を探すのが、転職活動の基本です。ここで知っておくべきことは、転職市場における求人数の変化です。中途採用の求人は常に一定ではなく、多い時期もあれば少ない時期もあります。求人の多い時期に転職活動をした方が、希望の求人に出会える確率は高くなります。そのため転職活動を始める前に、求人の増える時...

転職活動が長引いた場合の対策

転職活動にかかる平均的な期間は、3ヶ月~半年程度と言われています。しかし場合によっては、なかなか次の転職先が決まらないこともあります。転職活動が長引くと、不安になるし焦りも出てきます。中には、「自分には能力がないのか」「自分は社会に不要な人間かも」と自信を失う人もいます。そんな状態で転職活動を続けてもしっかりとした自己アピールができず、さらに不採用が続くという悪循環に陥ってしまいます。転職活動が長...

転職活動に行き詰まった時の対処法

終身雇用制度の崩壊により、日本でも転職がかなり一般化しました。現在転職活動をしている方、また転職をお考えの方も少なくないと思います。しかしいざ転職活動をしてみると、思うようにいかないこともあります。不採用が続くと焦りもするし、不安にもなります。それでつい大して興味のない会社に飛び込んでしまい、入社後に後悔してしまう・・・という人も大勢います。転職活動では、焦って行動してもいい結果は生まれません。不...

転職を決意する7つの理由

社会人として何年も働いていたら、誰しも必ず一度は転職を考えたことがあるはずです。あるいは入社1日目で転職を考えた人もいるかもしれません。転職を決意する理由は、人それぞれです。仕事や会社に対する不満や人間関係に関すること、やりたいことが他に見つかった・・・etc。転職を考えている人の中には「絶対に転職したい」という人と、「漠然と転職を考えている」という人がいると思います。あなたはどちらに該当しますか?こ...

第二新卒の転職者に求められるもの

求人企業が転職者に求めるものは様々です。十分なキャリアやスキルを有した即戦力を求めることもあれば、フレッシュな20代の転職者を求めることもあります。転職活動では、社会人としての実績を積んでいる方が必ずしも有利とは限りません。企業によっては実績よりも順応性の高い若者を求めるケースも多いです。そんな企業が注目しているのが、第二新卒と呼ばれる転職希望者です。しかしもちろん、ただ若ければ誰でもいいというわけ...

DODA(デューダ)の評判と口コミ

DODAといえば業界最大手の評判のいい転職サイトです。国内ではリクナビに次ぐ第2位の実績を誇り、『転職ならDODA』と言われるほどの知名度があります。インターネット上にはたくさんの転職サイトがありますが、DODAの安定した人気と評判は頭一つ分抜きん出ています。やはり魅力は豊富な非公開求人と、経験豊富な転職エージェントの存在です。短期間で効率的に転職するなら、転職支援サービスはぜひ利用したいところです。転職のプ...

キャリコネ転職サービスの評判

キャリコネは転職・就職活動に役立つ情報サイトです。求人情報や転職サービスを提供している点は、他の転職求人サイトと同様ですが、キャリコネの特徴は企業の口コミ情報も掲載している点です。求人広告や企業のホームページだけでは分かりにくい、その企業の実態や社内の内情を把握できるという点で、評判にもなっているサイトです。■ 企業情報の収集に役立つサイトキャリコネにはその企業に勤める社員の口コミ投稿を閲覧するこ...

転職の迷いと決断

転職は人生の大きな選択です。簡単には決断できず、迷う人も多いはず。転職すべきか、現職に留まるべきか、どちらが正しいかは誰にも分かりません。転職するにせよ、しないにせよ、じっくり考えて最良の道を選んでください。そして転職を決断したら、もう迷ってはいけません。前進あるのみです。転職活動の途中で迷いを生まないためにも、まずはしっかりと考えてください。■ 転職するか否か心に迷いがあるうちは、転職活動に打っ...

転職先の仕事内容を調べる方法

転職サイトなどで自分の希望条件に合致する求人を見つけたら、次は企業研究をしてその会社や仕事内容に関する情報をなるべくたくさん集めてください。転職活動が長引くと「どんな会社でもいいから雇ってくれないか」と思ってしまいますが、それでは悪い転職を繰り返すことになります。転職活動では、企業と求職者は対等の関係にあると考えましょう。企業側は「こうだけの待遇を用意しています。だからこういう人材を望んでいます」...

仕事における適職とは?

適職を見つけるのは自分自身を知ることが重要です。自分のことをよく知ることができれば、やりたい仕事も見えてきます。そうすれば的を絞った求人探しができるようになり、転職活動も効率的になります。しかし自分のことは分かっているようで分かっていません。そこで適職を見つけるためにすべきことを幾つか紹介します。■ 自分自身を振り返る適職を見つけるためには、これまでの自分自身を振り返ることが大切です。新卒で入社し...

Top