トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

採用担当者はココを見る! 実務未経験者の転職

■ 未経験者歓迎の意味

「未経験者歓迎」というのは未経験者の応募を歓迎するという意味で、未経験者を積極的に採用するという意味ではない。短期間で戦力になることをアピールするために、基礎知識や仕事の情報を事前に集めて勉強しておきましょう。

接客やパソコンスキル、調整力はどんな業界・職種でも評価されます。また学歴や資格、特技があれば積極的にアピールしてください。


■ 業界や仕事への理解が大切

人気の高い業界や職種ほど、未経験者の採用には慎重です。まずその業界や仕事について、十分な理解を持つことが転職活動の第一歩となります。

自身の知識や理解と現実にズレがないか、情報収集が大切。学生時代のアルバイト経験や個人的な事柄でもいいので、志望分野との接点を見つけましょう。


■ 精神論のアピールだけではダメ

未経験者はとにかく精神論のアピールに終始しがちです。「やる気なら誰にも負けない」「一生懸命頑張る」というだけのアピールは評価されません。

やる気で負けないのなら、具体的に今現在どんなことをしているかを語る必要があります。例えば「資格を取得した」「独学で習得した」「スクールに通っている」など、やる気を裏付ける行動を絡めてアピールしてください。

このエントリーのタグ: 転職サイト 転職の方法 採用担当者

採用担当者はココを見る! 同業界同業種の転職

■ 実力者が歓迎されるとは限らない

どんな会社でも実力者は歓迎されますが、それ以上に転職では会社との相性が重要。採用選考では経営方針や在職者との兼ね合いも関係してきます。

プライドや実績への自信、自分の仕事スタイルだけを前面に押し出すと逆効果になる場合もあります。謙虚さや柔軟な姿勢を示すことも大切です。


■ 新人としての認識を持っているか

キャリアや実力を持っていると、つい自己PRで「貢献できます」「部下の指導に自信があります」などと表現してしまうことがあります。

もちろん自信や実力をアピールすることは大切です。

しかし安易に将来の実績を保証したり、採用後の役職を指定するような表現は避けましょう。経験者でも新人であることを認識し、意欲を伝えることが大切です。


■ 転職の動機に筋が通っているか

採用担当者は「前職場で何が不満だったか」「転職で何を求めているのか」ということを気にします。前職場に不満を感じた人が、自社に満足するとは考えません。

だから応募フォームや面接で、前職場の不満を絶対述べてはいけません。

前の職場にはなかった応募企業の扱う商品、サービス、技能水準などの特性に触れ、それを介してキャリアを高めたいという目標を示してください。

転職サイト・求人サイト比較

このエントリーのタグ: 転職 転職の方法 採用担当者

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム