トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ:職務経歴書の書き方のエントリー一覧

  • 職務経歴書で自己アピール

    求人募集をする多くの企業が、職務経歴書の提出を求めてきます。企業は職務経歴書の内容を採用の判断材料に使っているのです。言い換えれば、応募者にとって職務経歴書は自分をアピールする大きなチャンスでもあるのです。■ 職務経歴書は何のために書くのか職務経歴書というのは、あなたがこれまでどのような会社で、どんな部署で、どんな仕事をしてきたのかをまとめた書類です。履歴書にも職歴欄がありますが、それでは情報が少...

  • 転職回数が多い人の職務経歴書の書き方

    転職の回数が多いと、採用選考では不利になります。またすぐに辞めてしまうのでは、と思われてしまうからです。これは職務経歴書でフォローしましょう。会社の倒産やリストラの場合は、事実をそのまま書いても構いません。しかしそれ以外の場合は、キャリアアップのためということを強調した方がいいです。■ 採用担当者の不安を払拭しよう転職回数が多いと、本人にとっては意義のある転職だったとしても、採用担当者は「またすぐ...

  • キャリアが長い人の職務経歴書の書き方

    たくさんのキャリアを持っている人は、職務経歴書に様々なことが書けます。しかし多くの経歴を盛り込みすぎると、インパクトが薄れて逆効果にもなります。希望職種に関連する職歴に重点を置いて、内容にメリハリをつけましょう。■ 柔軟性をアピールすることも忘れずにキャリアが長いことは選考でも評価されますが、一方で新しい仕事に対する柔軟性が欠けるのではないか、他の社員とチームワークを保てるか、という不安を持たれま...

  • 職歴のブランクをカバーする方法

    職歴にブランクがあると、転職活動では不利になります。また失業期間が長くなると、就業意欲を疑われる危険もあります。転職活動で不利を招かないためにも、失点部分はきちんとカバーしましょう。■ 病気・出産・育児で退職した場合病気や出産、育児で退職し、再就職する場合には、体力や健康状態が良好であることを説明し、勤務に支障がないことをアピールしてください。事前に健康診断を受け、医師の証明をもらうという方法もあ...

  • 職務経歴書でブランクの長さをカバーするには

    職務経歴にブランクがあると、転職では不利になることがあります。これをそのまま放置しておかず、正当な理由がある場合は正直に書いて説明しましょう。それ以外の場合はキャリアアップのための期間だったことを強調します。■ ブランクがある場合は説明を前職を辞めてから、もしくは職歴の間にブランクがある場合は、その理由を職務経歴書の中で説明してください。理由を書かないでおくと採用担当者は「何か言えない事情があるの...

  • 職歴・キャリアが長くて量が多くなる場合

    キャリアが長いと、職務経歴の記入内容が多くなる場合があります。しかし、たくさんの量を詰め込めばいいというものではありません。転職サイトの職務経歴欄への記入は、1社あたりの職務内容がパソコンのモニター画面をスクロールしなくても一覧できる分量が適切です。■ 量を調節すること職務経歴欄は自分史の紹介ではなく、求人企業に自分を売り込む宣伝です。そのため求人企業ごとに重点を置く部分は違ってくるはずです。転職...

  • 職務内容は詳しく書けばいい?

    転職活動においては資格を持っているが実務経験がない人よりも、資格はないが実務経験を持っている人の方が採用選考で有利と言われています。そのため前職の職務内容は詳しく書いた方がいいです。■ 長々と書けばいいものではないしかし求人企業に関係のないことを長々と書くのはよくありません。本当にアピールしたい内容が、ぼやけてしまうからです。またA社で評価されることでもB社では全く評価されないこともあります。その...

  • 職務内容は主要業務だけを書けばいい?

    転職サイトによって、職務経歴の記入スタイルは異なります。・在籍した会社ごとに記入する形式・全てひと括りにして記入する形式上記の2パターンがありますが、どちらも履歴書の職歴欄とは違います。■ 職務内容は重要職歴欄の中でも同業種に応募する場合、採用担当者が最も知りたい情報の一つが職務内容です。ここでは担当業務を具体的に伝えるように心がけてください。自己PRの裏づけとなる経験や能力のアピールにつながるは...

  • 職務経歴の書き方 勤務先で異なる表現

    職務経歴を書く場合、勤務先で表現の仕方が異なる場合があります。公務員や病院勤務、フリーランス、会社の経営などをしていた経験がある場合は、職務経歴を記入する際に表現の違いに注意してください。@勤務先で異なる入・退社の表現■ 公務員として働いていた場合民間の会社ではないので、「入社」ではなく「奉職」と書きます。また定年退職以外の場合は、「辞職」と表現します。例「吉本市役所に奉職」「一身上の都合により辞...

  • 職務経歴書の書き方が分からない場合

    職務経歴を書く際、書き方が分からないケースもあるかもしれません。例えば関連会社に出向した場合や在職中に雇用形態が変わった場合、派遣社員として複数の会社に勤めていた場合、長期休暇を取った場合……etcそのような場合は、以下を参考にしてください。■ 関連会社に出向・転籍となった場合これは配属異動と同じ扱いにします。事実関係が正確に伝わるように、職務内容欄に「出向」「転籍」として記述した方がいいです。■ 在職...

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム