トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

志望動機と自己PRの違い

志望動機と自己PRには、深い繋がりがある。

しかし転職サイトの応募フォームにそれぞれの欄が設けられている場合は、きちんと書き分けることが選考の合否を分けることになります。


■ 志望動機と自己PRの違い

就職や転職は、結婚のようなものだとよく言われます。そういう意味では、志望動機とはプロポーズの言葉と言えるでしょう。「相手のどこに魅力を感じたのか」「自分との縁や絆」を語るのが、志望動機なのです。

一方の自己PRは、自分のセールスポイントを語ることです。「相手を幸せにする自分の力」や「将来のイメージ」を相手に伝えるのが自己PRです。

転職の場合、求人企業には数十倍のライバルが集まります。しかも応募条件の厳しい求人ほど、応募者のキャリアやスキルは似たレベルになりがちです。

その中から自分を選んでもらうには、相手の心を打つ書き方が必要です。


■ 実務未経験者の注意点

実務未経験者が自己PRをする際、精神論に終始してしまう傾向がります。

しかしこれでは選考から落ちてしまいます。たとえ応募職種は未経験でも、役立ちそうな基礎力のアピールは欠かせません。例えば情報の収集力や分析力、接客や対人折衝力、管理や調整能力は様々な職場に役立つものです。

またやる気や熱意を伝える場合も、具体的な将来の目標を示したり、目標達成のために「資格を取った」「現在勉強中」などの行動実績を示しましょう。


■ 実務経験社の注意点

経験者の場合も前の職場にはなかった応募先企業の特色などと絡めながら、それを解してこれまでのキャリアをどう活かしたいかを伝えます。

即戦力のアピールとキャリアアップの目標を示せると、いいですね。

転職活動で企業からスカウトされるには

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム