トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職歴は全て書く必要があるか?

数ヶ月で辞めた職場のことも職歴欄に書かないとダメか?

これは多くの人が疑問に感じる部分です。短期間で辞めた職場を正直に職歴欄に記入すると、悪印象を与えてしまうのではと考えてしまうからでしょう。

実際、マイナスイメージを持たれてしまう危険はあります。


■ 正社員として勤務した会社は記入する

短期間でも正社員で働いていた会社は、正直に記入するのが原則です。

特に直近まで勤務していた職場で社会保険の手続きが完了している場合は、雇用保険の被保険者証に会社名が記入されています。隠していると、入社後の手続きの際に発覚します。トラブルの元なので、隠すべきではありません。

職歴を偽ると経歴詐称になり、採用取り消しになることもあります。

下手に隠すよりもきちんと記入し、自由記入欄などを使ってやむを得ずに辞めた理由や応募先での熱意を伝えてカバーするようにしましょう。


■ 職歴のブランクはマイナスになる

職歴にブランクがあるのも、採用ではマイナス査定になってしまう。

しかしこれを隠したり偽ったりすれば経歴詐称になってしまうので、隠すのではなく自己PRによってカバーする方向に力を入れてください。

転職サイトには大抵、自由記入形式の備考欄があるので、これを利用するといいです。自由記入欄がない場合は、職務経歴の記述の中に退職理由の項目を設けて説明するという方法もあります。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職 職務経歴書の書き方 職歴

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム