トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職歴のブランクをカバーする方法

職歴にブランクがあると、転職活動では不利になります。

また失業期間が長くなると、就業意欲を疑われる危険もあります。転職活動で不利を招かないためにも、失点部分はきちんとカバーしましょう。


■ 病気・出産・育児で退職した場合

病気や出産、育児で退職し、再就職する場合には、体力や健康状態が良好であることを説明し、勤務に支障がないことをアピールしてください。

事前に健康診断を受け、医師の証明をもらうという方法もあります。


■ 留学・再進学の場合

留学や再進学を退職の理由に挙げ、職歴にブランクがあるのは「数年に渡って専門的な勉強をしていたため」と説明する人が多くいます。

ただアピール方法を誤ると、「夢ばかり追いかけて腰の定まらない人」「またすぐに辞めてしまうのでは」と思われてしまう危険もあります。

学んだ目的と志望内容を関連づけて説明することが重要です。


■ 長い失業期間をカバーする方法

失業期間が長くなると、『複数の会社が不採用とした人物』と思われます。さらに就業意欲の低下を心配する採用担当者も多く、選考では不利になります。

失業期間が3ヶ月以内なら、問題はありません。

しかし失業期間が3ヶ月以上になりそうな場合は、資格の取得やスクール・講座での勉強など、アリバイ作りが必要になってきます。

失業期間が長引いたのは、「自己研磨や目標達成に必要な計画的な勉強期間だった」ことを伝え、スキルと共に熱意や向上心をアピールしましょう。

日本最大級の転職サイト【リクナビNEXT】
転職応援サイト『イーキャリア』
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 職務経歴書の書き方 職歴 ブランク

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム