トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務内容は主要業務だけを書けばいい?

転職サイトによって、職務経歴の記入スタイルは異なります。

・在籍した会社ごとに記入する形式
・全てひと括りにして記入する形式

上記の2パターンがありますが、どちらも履歴書の職歴欄とは違います。


■ 職務内容は重要

職歴欄の中でも同業種に応募する場合、採用担当者が最も知りたい情報の一つが職務内容です。ここでは担当業務を具体的に伝えるように心がけてください。

自己PRの裏づけとなる経験や能力のアピールにつながるはずです。


■ 主要業務だけではダメ

採用選考を勝ち抜くには、主要業務だけでなく、採用担当者の目をひく材料が必要です。何を書くかはキャリアや職種、応募先によって違ってきます。

特にキャリアが2~3年しかない場合、職場によって経験の内容やレベルに大きな差が生じます。そのため採用担当者は詳しい情報を欲しがります。

求人企業の応募条件に合致しそうな業務を選んで書きましょう。


■ どこを見られるかを配慮して書く

キャリアが2~3年しかない場合、経験ではベテランに敵いません。

そこで柔軟性や向上心についてアピールすることが重要になります。未経験でも吸収力の早い人材は貴重な戦力に育つ可能性があるからです。

仕事に取り組む姿勢をアピールできるような内容を書きましょう。


■ 新分野の経験をアピール

特にIT分野など、新しく登場した仕事分野があれば、キャリアが浅くてもベテランに対抗できます。新しく導入したシステムに携わった経験などがあれば、そこに重点を置いた書き方をしましょう。あなたの評価がぐっと上がるはずです。

転職の勝ち組が利用する【リクナビNEXT】
転職応援サイト『イーキャリア』

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職 職務経歴書の書き方 職務内容

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム