トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務内容は詳しく書けばいい?

転職活動においては資格を持っているが実務経験がない人よりも、資格はないが実務経験を持っている人の方が採用選考で有利と言われています。

そのため前職の職務内容は詳しく書いた方がいいです。


■ 長々と書けばいいものではない

しかし求人企業に関係のないことを長々と書くのはよくありません。本当にアピールしたい内容が、ぼやけてしまうからです。

またA社で評価されることでもB社では全く評価されないこともあります。そのため求人企業のニーズに合った内容をアピールしなければなりません。

職務経歴欄は自分を売り込むために行います。求人企業が求めている内容を整理し、そこに重点を置きながらアピールするよう心がけてください。


■ どこに重点を当てるか

職務経歴の書き方で重要なのは、どこに重点を当ててアピールするかです。

どんな企業にでも通用するアピールの仕方は、適切なアピールではありません。これは自己PRや志望動機に関しても同じです。

その企業にピントの合った書き方をする必要があるのです。


■ 求人企業の求めているものを

転職活動で重要なのは、求人企業とのマッチングです。そのため求人企業の仕事内容や評価の対象となる知識・技能・適性を把握する必要があります。

その上で自分の職務内容を整理し、自分が「応募企業に必要な人材」「応募企業が求めている人材」であることを伝えていきます。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職の方法 職務経歴書の書き方 職務内容

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム