トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職歴・キャリアが長くて量が多くなる場合

キャリアが長いと、職務経歴の記入内容が多くなる場合があります。

しかし、たくさんの量を詰め込めばいいというものではありません。

転職サイトの職務経歴欄への記入は、1社あたりの職務内容がパソコンのモニター画面をスクロールしなくても一覧できる分量が適切です。


■ 量を調節すること

職務経歴欄は自分史の紹介ではなく、求人企業に自分を売り込む宣伝です。そのため求人企業ごとに重点を置く部分は違ってくるはずです。

転職活動をしている人の中には、経験内容を一律に書き込む人もいます。

しかしこれは間違っています。長々と書けば的外れな印象を与えます。

的を射たアピールをするには、求人企業や志望職種に関係のないものは簡潔に記述しましょう。どこに重点を置き、どこを簡略に各課を選別するためには、求人企業や志望業界の情報をきちんと把握する必要があります。


■ 要約や概略を書く方法も

長いキャリアを持っている人や、複数の職場に勤務した人は、整理しても相当な分量になり、キャリアの全容を採用担当者に伝えるのが難しくなります。

そんな場合は、冒頭にキャリアの概略を記すという手もあります。

社会人経験が長く、1社あたりの内容が多くなる人は、職務内容の欄の冒頭に「担当職務の概略」という見出しを立てて、要約を説明しましょう。


転職サイトから求人企業に送る応募フォームは転職活動の第一歩。求人企業に関心を持ってもらえるよう心がけることが大切です。

転職の勝ち組を目指す人の【リクナビNEXT】

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 職務経歴書の書き方 職歴 キャリア

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム