トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職サイトで企業にスカウトされる

転職サイトで企業にスカウトされる

ここでは転職サイトのスカウト機能の利用方法や仕組みについて紹介します。スカウト機能を使った転職の流れを参考に、効率的な転職活動を進めてください。

自分で求人探しをしているだけでは先入観や固定観念が働き、視野が狭くなります。そのためスカウトサービスに登録して、転職活動の幅を広げましょう。

自分のキャリアや希望条件を登録しておけば、不特定多数の企業がそれを閲覧します。すると自分では考えもしなかった業界や企業があなたの能力を高く評価し、オファーをしてくる可能性もあるのです。

自分に最適な企業に出会うためにも、スカウトサービスは有効に利用しましょう。


■ スカウト転職の流れ

1、転職サイトに無料会員登録

スカウト機能を利用するには、転職サイトに会員登録する必要があります。

2、Web履歴書の作成

キャリア・プロフィールシートとも呼ばれる履歴書を作成します。応募フォーム作成時には、この内容が自動的に反映される仕組みなので非常に便利です。

3、スカウトコーナーに登録

履歴書をスカウトコーナーに登録します。求人企業に対して非公開の設定もできます。在職中の職場など、履歴書を見られたくない会社には非公開の設定を。

4、匿名で履歴書を公開

転職サイトによってはアクセス数や職種別のスカウト状況を表示してくれるサービスもあります。求人の状況によって履歴書を更新してみるのもいいでしょう。

5、企業からのスカウトメール

転職サイト経由で企業からスカウトのメールが届きます。登録メールアドレス宛に届いたり、会員専用のスカウト画面で確認したり、転職サイトによって異なるので注意が必要です。スカウトメールが届いたら、素早く返信してください。

もし関心のない企業なら、辞退のメールを返すのがマナーです。


■ 企業にスカウトされやすい人とは?

スカウト登録をしてたくさんの企業からオファーを受ける人もいれば、なかなかオファーが来ない人もいます。企業は登録されたレジュメを見て人材を探すので、オファーが少ない人はレジュメを書き直して精度を高めてください。

スカウトではキャリアやスキルが豊富な方が有利に思えますが、実際はそうでもありません。キャリアの乏しい20代前半の人でも、企業からオファーが来ます。

あくまで統計ですが、企業にスカウトされやすいのは以下のような人です。

・年齢は25歳~30歳頃
・年収は400万円~550万円程度

しかし大切なのは、やはりレジュメの内容です。レジュメを丁寧に作成し、しっかりと自己PRすることが、転職サイトで企業にスカウトされる一番のコツです。

レジュメは一度に完璧なものを作るのは大変なので、最初は簡単なものを登録し、時間のある時などに少しずつ中身を充実させていくといいでしょう。

◆スカウト機能のある転職サイト 

優良企業にスカウトされる!【リクナビNEXT】
10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト スカウトされる 求人企業

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム