トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動|応募前の問い合わせでの質問内容

転職サイトの求人欄を見て不明な点があれば、求人企業に確認を取ってください。

特に募集職種の仕事内容には注意が必要。「○○プランナー」とあるので企画職だと思って応募したら、実際は営業職だったということもあります。

職種に関しては専門的な言葉や見慣れない用語も少なくないので、勝手な印象だけで判断しないようにしましょう。

また前職と同じ職種でも業種や会社が違えば、業務内容も異なります。取引先企業や取扱商品について確認すれば、応募書類の自己PR方法も見えてくるはずです。


■ 応募条件や選考対象も確認を取る

応募条件に「資格」が記述されており、その資格を保有していないからといって簡単に諦めてはいけません。資格がなくても相応の知識やキャリアがあれば、選考の対象になることも多いです。自分で判断せず、必ず問い合わせて確認しましょう。


■ やってはいけないこと

求人広告の内容や企業のホームページをよく読めば分かることを聞いてはいけません。問い合わせをする前に、求人欄やサイトをもう一度確認をしておきましょう。

また幾つも質問をするのもNG。質問は応募段階で必要な1~2つ程度にします。


■ 具体的な給与額や待遇は面接で

具体的な給与額や福利厚生などの待遇、残業の有無などは、応募前の問い合わせでは避けた方がいい。会社選びでは重要ですが、これは面接で話し合うものです。

応募の段階では求人欄から判断するしかありません。

求人企業の口コミ情報が分かるサイト

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 転職の方法 問い合わせ

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム