転職・求人サイト比較『転職成功.com』

転職・求人サイト比較『転職成功.com』は、転職活動に役立つ転職サイト・求人サイトや人材バンクの利用法、転職サイト比較、求人情報を紹介しています。

2015 12/21

転職活動の求人探し情報源

転職活動の第一段階は、求人情報を探すことです。転職活動を成功させるには、たくさんの求人情報に触れ、その中から自分に合った会社を選ぶ必要があります。

求人探しの情報源としては、大きく以下の種類に分類されます。

1、インターネット
2、職業紹介・斡旋機関
3、印刷媒体の求人広告
4、ダイレクト情報


■ インターネットの求人情報

@企業のホームページ

志望企業が明確な場合は、その企業のホームページを探す方法があります。サイトに求人情報が掲載されていることも多く、そこから問い合わせや応募ができます。

@転職サイト

多数の求人情報を扱う転職用ポータルサイトや転職情報専門サイト、求人公開サイトなどがあります。条件に合った求人情報を検索でき、応募することができます。


■ 職業紹介・斡旋機関

@ハローワーク

公共職業安定所のことで、就職支援の相談やパソコンへの条件入力で求人情報を検索することができます。施設によっては問い合わせ用の無料電話もあります。

@人材紹介会社

経歴やスキル、希望条件を登録し、転職の相談や面談をしてもらいます。上級管理職や技術職など、通常よりも効率的な転職活動を行うことができます。


■ 印刷媒体の求人広告

@新聞・転職情報誌

業界や業種、職種、雇用形態など、媒体によって特徴が異なります。それぞれに求人情報の掲載基準があり、情報も豊富なので応募条件や待遇を比較しやすいメリットがあります。

@フリーペーパー・チラシ

無料の求人新聞や求人情報誌も近年は増えています。求人広告の傾向としてはフリーターや主婦層をターゲットにしたものが多く、その地域における接客サービス系の求人が多い。


■ ダイレクト情報

@転職イベント

業界団体や公的機関が主催する合同説明会や転職フェアなどです。複数の求人企業ブースで求人情報や事業内容を採用担当者から聞くこともできるので、転職活動に役立ちます。

@コネ・口コミ

志望業界や企業に知人がいれば、直接情報を仕入れたい。人脈は転職活動で強い武器となります。求人情報を入手できる他、社員の紹介で中途採用を行う会社もあります。

転職活動の求人探し情報源

転職活動転職サイト求人

スレッドテーマ : 私さがし・仕事探し ジャンル : 就職・お仕事

(-)TB(-)

AFTER「転職サイトが求人募集の主力に

BEFORE「転職サイトと転職情報誌の違い

Top