トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職の適職探しでやるべきこと

転職活動が新卒の就職活動と大きく違う点は、希望する会社の求人に出会うチャンスが少ない点です。

新卒の就職活動では自分の行きたい会社に応募するチャンスはたくさんあります。しかし中途採用の求人は人員補充の必要が生じた時にしか行われないので、転職活動で希望の求人に応募できる機会は限られています。

転職の適職探し

そのため転職活動では、数少ないチャンスを確実に仕留めなければなりません。そこで大切になってくるのが、日頃の準備と心がけです。

ここでは転職の適職探しでやるべきことを紹介します。


■ 求人情報をチェック

転職成功のカギは、いかに求人情報をたくさん集めるかです。

転職に失敗する人の多くは、1つの転職サイトしか利用していなかったり、1つのアプローチ方法にこだわったりしている人です。

逆に転職で成功する人は複数の転職サイトに登録して常に情報収集し、さらスカウトサービスや転職エージェントなど多彩なアプローチ方法を持っています。

求人情報に敏感になることが、適職探しでは重要です。

転職サイト・求人サイト比較


■ 自分のこだわりを明確に

自分の希望条件に完全に合致する求人など存在しません。そのため転職の適職探しでは「妥協できる点」と「妥協できない点」を明確にすることが大切です。

例えば「営業という職種にはこだわるが、給料にはこだわらない」とか「年収○○万円以上は絶対に欲しいが、業界にはこだわらない」などです。

転職サイトに掲載されている求人の数は膨大です。自分のこだわりが明らかになっていないと、どの企業が自分に合っているか分からなくなります。

逆に自分のこだわりが明らかになっていると、求人を絞り込んで探すことができるので、効率的に転職活動を展開することができます。


■ スキルアップ・キャリアアップ

いくら求人探しを頑張って適職に出会えたとしても、スキルやキャリアが足りないと採用成功に勝ち残れません。そのためスキルアップやキャリアアップの努力を怠ってはいけません。

在職中の人は、今いる会社で習得できる技能は全て身につけましょう。既に退職している人は専門書を読んで学習することも大切です。

それと同時にコミュニケーション能力を磨くことも忘れてはいけません。コミュニケーション能力はどんな仕事をする上でも必要です。


■ 謙虚な気持ちを忘れずに

転職活動では自信を持って自分をアピールすることが大切ですが、過去の栄光にこだわりすぎていると失敗してしまうので注意が必要です。

特に優れたキャリアやスキルを持っている人は、自負心が強くなりすぎる傾向があります。企業側からは「扱いにくそうな人間」に見えることがあります。

優れた実績があっても謙虚な気持ちで転職活動を行ってください。


■ 適職探しの注意点まとめ

1、求人情報を常にチェックする
2、自分のこだわりをはっきりさせる
3、スキルアップやキャリアアップに励む
4、謙虚な気持ちで転職活動する

適職探しは決して簡単なことではありません。まずは「自分にとって最適な会社とは、どんな会社か」を明確にしましょう。

そして転職情報に敏感になり、採用選考を勝ち抜くための努力を行ってください。そうすれば適職に出会える確率は、ぐんと高くなるはずです。

◆適職探しに役立つサイト

転職の適職探しなら【リクナビNEXT】
無料転職支援サービスなら【DODA】

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 適職探し 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム