トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動における自己分析の重要性

転職活動を成功させるには、自己分析を必ず行ってください。

自己分析なんて必要か? と感じる人もいるでしょうが、後で「この転職は失敗だったかも」ということにならないためにも、自己分析は不可欠です。

自己分析の目的は、主に2つあります。

1、自分に最適の転職先を探すため
2、書類選考や面接を勝ち抜くため

自分自身を知るためにも、必ず自己分析は行ってください。

転職活動における自己分析


■ 自己分析で自分を知る

転職の目的は自分の適性や希望に合った会社を探すことです。そのためには自分自身についてよく知らなければなりません。

例えば人と接することが好きで営業職を選んだが、実際に仕事をしてみると自分には向いてない気がする・・・という理由で転職を考えているとします。

しかし自己分析をしてみると、

・現在の飛び込みセールスの営業は苦手
・顧客と1対1でじっくりと向き合う営業ならできそう

ということが分かるかもしれません。そうすると営業職を全て切り捨てて転職活動を行うのは、あまりいい考えではないということになります。

自分の得手不得手というものは、意外と気づかないものです。

転職を少しでも考えたら、一度自己分析を行ってみてください。


■ 自分という商品をアピールする

転職活動というものは「自分という商品を顧客(企業)に売り込む」場です。商品を相手に売るためには、商品の特徴を知っておく必要があります。

この商品にはどんな能力があり、何ができるのか・・・

それをアピールすることが大切になってきます。

当然企業側も商品を買うために(あなたを採用するために)、

「この商品はどういうもので、何ができるか(あなたという人間はどういう人で、どんなキャリア・スキルを持っているか)」

ということを気にします。

職務経歴書や面接を通して、あなたは企業側のこの疑問に応えていかなければなりません。具体的に回答するためには、自己分析が大切になります。

あなた自身が自分という商品を理解していなければ、説得力のある「商品説明」ができないからです。逆に自己分析をしっかり行い、自分自身をよく把握していれば、具体的に自分を売り込むことができるはずです。

採用選考を勝ち抜くためにも、自己分析はぜひ行ってください。


■ 転職サイトを活用

「自己分析の必要性は分かるけど、具体的に何をすればいいの?」

という疑問を抱いている人も少なくないと思います。

そういう場合は転職サイトの無料サービスを利用するのもいいでしょう。

例えばリクナビNEXTのスカウトサービスでは、あなたの市場価値の判定を行ってくれるし、DODA(デューダ)のような転職エージェントではカウンセリングを通してあなたの適性を見極めてくれます。

これらは一人で自己分析をするよりも、客観的な評価が得られるので有効です。費用は一切かからないので、転職活動の自己分析にお役立てください。

国内No.1の転職求人サイト【リクナビNEXT】
転職のプロがサポートしてくれる【DODA】

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 自己分析 転職サイト

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム