トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

広告業界に転職する方法

広告業界とは企業の広告活動を支援する産業のことです。

広告業界はテレビや新聞、雑誌、ラジオといったマスコミ4媒体を中心に成長してきた業界ですが、近年はインターネット広告が拡大しています。

広告業界の規模は4兆~5兆円程度と言われています。

広告業界は特に文系の新卒学生に人気があり、かつての志望を叶えようと広告業界に転職を希望する人も数多くいます。


■ 広告業界の現状

広告業界は電通・博報堂の2社による寡占化が進んでいます。

しかし近年はインターネット広告を専門とする企業が躍進するなど、分化も進んでいます。実際、ネット広告はテレビに次ぐ第2位の媒体へと成長しました。今後もその規模は拡大していくと見られています。

一方の新聞・テレビの広告も回復傾向にあります。

この数年、不況の影響で減少が続いてきましたが、政権交代に伴う景気の回復により、広告費も増加傾向と見通しは明るくなっています。

広告業界は景気の影響を受けやすい分野ですが、ようやく長い冬を脱しつつあるというのが現状です。転職では狙い目の業界かもしれません。


■ 求められるスキル

広告業界は一見華やかな世界に思われがちですが、実際はなかなか地味な仕事で、体力を擁します。転職を考えているなら、気力も体力も充実している若いうちに踏み切った方がいいと思われます。

また広告業界はクリエイティブな仕事というイメージがありますが、創造性よりも論理的思考の方が重要です。そのため職務経歴書や面接においても、いかに論理的に自己PRできるかが転職成功のカギを握るでしょう。


■ 広告業界に転職する方法

広告業界は他業種から転職するのは難しいと言われています。しかし現在、広告業界は転換期を迎え、新しい人材を求めていることも事実です。

従来の手法にはない新しい発想ができ、論理的な思考と創造力を備え、高い意識と体力を備えた人材なら、採用担当者もきっと欲しがるはずです。

広告業界への転職を成功させるポイントとしては、

・職務経歴書のアピール力(人の心を掴むキャッチフレーズを入れる)
・広告業界で何をしたいか、応募企業にどんな貢献ができるかを述べる
・これまでの経験を広告業界でどう生かせるかを考える
・広告業界の改善点と、今後どうあるべきかのビジョンを持つ


やはり広告業界に転職するには、アピール力が鍵を握ります。自分という「商品」を企業に売り込む広告を作ってみましょう。

また広告業界の求人情報にたくさん触れることも大切です。

転職サイトを利用し、たくさんの求人情報を集めてください。

広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 広告業界 転職活動 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム