トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

志望業界の情報を収集する方法

転職活動を行う人の中には、現在の業界や職種と異なる仕事に興味を持っている人もいるはずです。この場合、「未経験」というハンデを背負うことになります。

転職をする上で不利な面は否めないので、その分、情報収集に力を入れましょう。

志望業界の情報探し


■ 志望動機を明確に

「なぜその業界を志望するのか?」
「なぜ今の職種ではダメなのか?」
「なぜその業界・職種に魅力を感じるのか?」

といった志望動機は明確にしておきましょう。これは面接で必ず質問される内容でもあります。自分の中でその答えをはっきりと見つけておいてください。

もちろん異業種・異職種への転職に限らず、同業種・同職種に転職する場合も質問されるので、その業界・職種を志望する理由を考えておきましょう。


■ 業界や職種の情報を集める

志望動機が見つからないという人は、業界や職種の情報を集めましょう。

業界や職種の情報をしっかりと集め、その魅力を明らかにすることができれば、自分のやりたいことや志望動機が明確になってくるはずです。

単なるイメージだけで業界や職種を見るのではなく、業界の特色や特殊な事情、最近の動き、応募企業の業界でのポジションなども調べてみましょう。

応募する会社だけでなく、同じ業界の他社を調べることで、その業界のことや応募企業のことが見えてくることもあります。


■ 業界情報の集め方とポイント

業界情報を集める方法と、そのポイントを簡単に紹介します。

○ 業界情報を集める方法

・新聞の経済面
・経済誌
・業界紙
・インターネット

○ 情報集めのポイント

・業務内容や業界の特色など、常にアンテナを張って業界情報を集める
・応募企業のHPだけでなく、同業他社のHPもチェックする
・日経新聞や経済誌、業界紙を読んで、業界の動きや全体像を掴む
・その業界内における志望企業の位置づけや役割を把握する
・その業界の魅力を見つけ出し、面接できちんと回答できるようにする
・その業界や職種で自分のキャリアやスキルがどう生かせるかを考える




■ 転職サイトを有効活用する

就職活動よりもスピーディーな行動が求められる転職活動では、なかなかじっくりと腰を落ち着けて業界や職種の情報収集や研究ができないのが現状です。

そのためいかに効率的に情報収集するかが、転職成功のカギを握ります。

そこで活用したいのが、転職サイト。

転職サイトなら自分で情報を探し回るのではなく、情報を提供してくれる無料サービスもあるので、在職中で忙しい人でも効率的に情報を集めることができます。

転職成功実績No.1【リクルートエージェント】

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 情報収集 方法

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム