トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職求人をどこで探すか?

転職活動を成功させるために欠かせないのが、求人探しです。自分の希望に合った企業に出会うためには、なるべくたくさんの求人情報に触れることが一番です。

そのために大切なのは、求人探しの媒体を一つに頼らないこと。

一つの媒体に頼ってしまうと、入手できる情報が偏ってしまう傾向があります。求人探しに関しては様々な方面からアプローチをかけましょう。

転職求人を探す


■ 求人探しの主な媒体

求人探しの主な媒体として、以下のようなものがあります。

・求人サイト
・人材バンク
・企業のHP
・求人情報誌
・新聞の求人広告欄
・新聞の折り込みチラシ
・ハローワーク
・友人や知人のコネ
・スカウト


かつては求人情報誌や新聞の求人広告欄、ハローワークが主流でしたが、近年はインターネットを使った求人探しが中心になっています。

特に求人サイトや人材紹介サイトなどの転職サイトの利用は不可欠です。

最近はパソコンだけでなく、携帯電話・スマホでも求人探しができます。


■ インターネットの求人サイトを活用

インターネットの求人サイトは求人情報誌や新聞の求人広告と比べても情報が豊富で、しかも自分の希望する求人を簡単に検索することが可能です。

少ない労力で効率的に転職するには、欠かせないツールとなっています。

ただ求人サイトによって得意とする業界・職種に偏りがあることも多いので、複数のサイトに登録して幅広く情報を集めることが転職活動では大切です。

なるべくたくさんのサイトに登録し、様々な角度から情報を集めてください。

転職サイト・求人サイト比較


■ 求人を紹介してもらう

人材紹介サイト(人材バンク)を利用すると、自分の希望に合った求人を紹介してもらうことができます。そのため自分で求人探しをする必要はありません。

最初にコンサルタントと面談を行って自分の希望条件を伝えれば、コンサルタントがその希望に沿った企業を紹介してくれます。さらに採用選考や転職に関する様々な手続きを代行してくれるので、転職の負担を大きく減らすことができます。

もちろん利用は無料。お金は一切かからないので安心です。

求人サイトの利用と並行して、ぜひ利用しておきたいサービスです。

転職支援実績No.1のリクルートエージェント


■ スカウトしてもらう

自分の希望条件やキャリアを匿名で公開し、企業や転職エージェントからスカウトしてもらう転職方法もあります。近年特に注目されているサービスです。

スカウト登録さえしておけばOKという簡単なサービスなので、

「いい企業があったら転職したい」
「なんとなく転職を考えている」
「自分を雇ってくれる企業があるかどうかを知りたい」


といったやや消極的な転職希望者にも利用しやすいサービスです。

転職活動で企業からスカウトされるには

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 求人探し 転職サイト

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム