トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動と退職の時期を決める3つのポイント

転職活動をどの時期にどんなタイミングで開始するかは、難しい問題です。おかしな時期に転職活動を始めると、なかなか転職先が決まらないこともあります。

そこで転職活動を始める時期をいつにするか――

そのポイントを3つ紹介します。


■ 在職中の会社が忙しくないか

業界や業種、企業によって繁忙期があると思います。

仕事が忙しい時期に転職活動を始めても思うように集中できません。また転職活動のことが気になって仕事でヘマをやっては、周囲に迷惑をかけてしまいます。

なるべく仕事量が少ない時期を見計らって、転職活動を始めてください。

また転職先が決まって退職をする時も、忙しい時期を避けるのが原則です。

あなたが退職することで会社の同僚が負担を背負うことになれば、印象が悪いです。転職活動では円満退職が基本なので、極力繁忙期は避けてください。

働きながら転職活動をするのは時間的に大変ですが、うまくタイミングを見つけて舵を切ってください。上手に時間を作ることも社会人には必要な能力です。


■ 資金は十分にあるか

退職後に転職活動をする場合は、十分な資金を確保しましょう。

転職活動は何かとお金がかかりますが、それだけでなく生活費や税金の支払いも考慮しなければなりません。退職して無収入の場合は、経済的に大変になります。

手持ちのお金が乏しくなると転職で妥協するハメになり、後で悔やむことにもなりかねません。嫌な会社でやりたくない仕事をすることになっては、転職した意味がありません。

じっくりと落ち着いて転職活動を行うためにも、経済的な余裕は欠かせません。最低でも3~4ヶ月は無収入で生活できるだけの資金を確保しましょう。


■ 求人は豊富にあるか

中途採用の求人数は年間を通じて一定ではなく、変動しています。求人数の多い時期に転職活動を行った方が、いい求人に出会える可能性は高くなります。

一般に求人の多い時期は、1~3月と7~9月です。

ただこの時期は求人数が増える一方、転職活動を行う人も増えるので競争も激しくなります。そこであえてこの時期を外して転職活動を行うという手もあります。

例えば12月は年末ということもあり、転職者の動きは鈍いです。また8月も夏の暑さの影響か、転職活動を行う人の数は少ない傾向にあります。

単に求人数だけで転職活動の時期を決めるのではなく、ライバルの動向も考慮して競争が激しくない時期に転職活動を行うという方法もあります。

リクルートエージェント おすすめ転職サイト

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 退職 時期

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム