トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動は退職してからするか、在職中にするか?

転職活動で頭を悩ませる問題に「転職活動はいつ始めたらいいか?」というものがあります。退職してから始めるか、在職中に働きながら転職先を探すかです。

これはどちらが正しいということはなく、個人の事情に左右されます。

在職中の転職活動も退職してからの転職活動も、どちらにもメリットとデメリットがあります。自分にとって有利な方を選択してください。


■ 退職してからの転職活動

退職してからの転職活動では、まずお金の問題が立ちはだかります。特に自己都合で退職した場合は、雇用保険が支給されるまでに時間がかかります。

一方で日々の生活費や税金、保険の支払いは、待ったなしです。

さらに転職活動も費用がかかります。転職がすぐに決まれば問題ありませんが、転職活動が長引くと経済的に苦しくなる可能性があるので注意しましょう。

○メリット

・心身のリフレッシュを行ってから、転職活動ができる
・自由な時間を確保できるので、転職活動がしやすい
・十分な業界・企業研究や、情報収集ができる
・必要な資格を取るための勉強ができる
・雇用保険がもらえる

○デメリット

・無収入なので転職が長引くと経済的に苦しくなる
・早く転職先を決めたいという思いから、妥協しやすくなる
・不採用が続くと焦りや不安が増してくる
・失業期間が長くなると意欲が低下し、仕事の勘も鈍る
・自己管理ができなくなって、生活が不規則になる


■ 在職中の転職活動

在職中に働きながら転職活動をする場合、お金の問題は大丈夫でしょう。一方で転職活動を行うための時間が確保できないという問題があります。

企業研究の時間が取れなかったり、面接日の日程を調整できなかったりして、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性もあります。

それでもやはり転職先を決めてから退職した方が、安全です。

○メリット

・収入があるので落ち着いて転職活動ができる
・じっくり時間をかけて、希望の会社を選ぶことができる
・不採用が続いても無職になる心配がない
・現職でキャリアやスキルを高めながら転職先を選べる

○デメリット

・転職活動していることを会社に隠さなければならない
・企業研究や求人探しの時間を十分に確保できない
・いい求人を見つけても素早く対応することが難しい
・仕事と転職活動で、思考や気持ちの切り替えが難しい
・採用選考で不利になることがある


基本的には在職しながら転職活動をした方が安全ですが、双方のメリットとデメリットを参考に、自分が転職活動をするにあたってに有利な方を選んでください。

リクナビNEXT おすすめ転職・求人サイト
リクルートエージェント おすすめ転職サイト

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 退職 在職中

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム