トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動における自分の「売り」を見つけよう!

転職活動ではまず自分が何をやりたいのかを明確にしましょう。それがはっきりしたら、次は本格的な転職活動の準備を始めていきます。

具体的には志望業界や会社の情報を集め、自分の希望に合う会社を見つけていく作業です。給料や待遇だけでなく、業績や業務内容もチェックします。

新卒の頃は会社の知名度や規模、給料などで会社選びをしたかもしれませんが、社会人を経験したことで会社を見る目は磨かれているはずです。

社会人の経験も生かしながら、求人情報を探していきましょう。


■ 給与よりもやりたいことを

転職理由は人それぞれで、中には現在の給料が不満で転職活動をしている人もいると思います。もちろん給料は多い方が嬉しいですよね。

ただ転職活動での基本的なスタイルは「給料よりもやりたいことを優先」した方がいいです。やりたいことを実現できる会社を選びましょう。

短期バイトをするわけではないので、目先のお金に囚われてはいけません。

やりたいことを実現できる会社に入社できれば情熱を持って仕事ができるし、自分の能力も発揮しやすいです。当然、給料も上がりやすくなります。

たとえ入社時点で給料が少なくても、そういう会社に入社した方が長期的に見た場合、たくさんの給料が稼げるものです。


■ 自分をどう売り込むか

希望の会社を見つけたら、次は自分をどう売り込むかを考えます。そのためには自分の売り(長所や特技など)を見つけることが重要です。

「でも自分の売りなんて、何もない・・・」

と嘆く人もいるかもしれません。しかし売りのない人などいません。社会人として1年でも働いていれば、必ず自分の売りとなるものは存在します。

だから売りがないのではなく、単に見つけられていないだけです。

自分の売りが見つからない人は、以下の方法で自己分析しましょう。


■ 自分の売りを見極める方法

・あなたの長所は何ですか?(箇条書きで10個書き出す)
・あなたの短所は何ですか?(箇条書きで10個書き出す)

・あなたの好きなこと、やりたいことは何ですか?
・今はできないが、できるようになりたいことは何ですか?
・あなたの嫌いなこと、やりたくないことは何ですか?

あまり難しく考えず、頭に思い浮かんだことを素直に書き出してみましょう。例えば長所は「体力がある」「正直者」みたいなことでも構いません。

自分の短所や弱点の裏返しが長所になることも多いので、すぐに長所が見つからない人は短所の方から切り込んでみるという方法もあります。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 自分の売り 長所

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム