トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

成功する転職活動と失敗する転職活動

成功する転職活動と失敗する転職活動

転職活動を考えている人は、収入面や待遇、仕事内容、職場環境、あるいは人間関係などに不満を抱えている人が多いと思います。

不平や不満が原因で転職を考えることは悪いことではありませんが、不平や不満だけで転職しようとしてもうまくはいきません。

採用担当者に不満を見透かされて選考で落とされることもあるし、仮に転職に成功しても新天地で再び不満を抱えて転職を考えるようになります。

転職活動では前向きな転職理由を見つけることが大切です。

ここでは成功する転職活動と失敗する転職活動を紹介します。


■ 失敗する転職活動の例

会社に不満 → 転職 → 転職先でまた不満 → 転職

不満だけで転職を行うと、思考に悪い癖がついてしまい、転職先でちょっと嫌なことがあるとすぐ転職に走るようになります。

注意しなければならないことは、転職を何度も繰り返すと次第に雇ってくれる会社が少なくなり、雇用条件も厳しくなってくることです。

そうすると「採用してくれるだけでありがたい」と入社したものの、やっぱり仕事や職場に不満が生じ、また転職活動を始めることになります。

気がつくと転職数だけは増えたものの、なんの技能もキャリアも積み上げることなく、給料も上がらないまま年だけを取っていくことになります。

このような悪いサイクルに入ると、抜け出すのは困難です。転職回数が無駄に増えつつある人は、十分に注意してください。


■ 成功する転職活動
成功する転職活動

もちろん転職は悪いことではなく、成功するいい転職も存在します。

それは「自分のやりたいこと」を明確にし、「やりたいことが実現できる会社に入社」して、「希望する仕事で能力を発揮」するというものです。

転職する目的と意識をしっかり持っている人の転職です。

会社に入ってすぐに「自分には合わない」と感じることがあっても、すぐに辞めるのではなく、「最低1年間は頑張ってみよう」と考えてください。

そして仕事をしながら「自分は本当はどんな仕事をしたいのか」をじっくりと考え、その答えが明確になったら転職に踏み切ってください。

また自分自身をより向上させるために、高い技術を持つ会社に転職し、そこで技術を習得してさらに高みを目指して転職する人もいます。

このような転職は、成功するいい転職と言えるでしょう。

要するに目的意識を持った転職は、必ずあなたにいい結果をもたらします。


■ 不満から目指すべき道を探す

転職を考える人は、みんな何かしらの不満を抱えているものです。しかし不満だけで会社を飛び出すと、転職に失敗する危険があります。

もし現状に不満があるのなら「自分はどうしたいのか」「何をしたいのか」という疑問を徹底的に追求していきましょう。

そうすることで「自分はこうありたい」「こんな仕事がしたい」といった目指すべき方向性や目的が見えてくるはずです。

目的意識を持って転職活動を行えば、きっとその転職は成功するはずです。


■ 前向きな転職理由を見つけよう

現職に不満があるということは、仕事に対して何かしら希望があるはずです。

「~が嫌」という気持ちの裏には「~がしたい」という願望があると思います。この「~がしたい」という願望が、あなたの転職理由です。

例えば今の仕事がつまらないのなら、なぜつまらないのかを考えてください。もしかすると自分のやりたい仕事ではないのかもしれません。

では本当はどんな仕事をやりたいのかを突き詰めてみましょう。

その答えがあなたの転職理由・転職目的になります。

「~が嫌」という現実逃避的な理由で転職活動をすると失敗します。「~がしたい」という前向きな理由を見つけることが、転職成功の秘訣です。


◆転職活動に役立つサイト

DODAの無料転職支援サービス
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】


関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 成功 失敗
≪前のエントリー≪  ≫次のエントリー≫

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム