トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

年末年始の転職活動

年末年始の転職活動

年末年始にかけて転職活動を考えている人も多いと思います。

一般に転職求人が増える時期は、1~3月と7月~9月と言われています。そして転職に要する平均的な活動期間は、3ヶ月が目安になっています。

つまり4月入社を目指す人は、今が絶好のタイミングというわけです。

4月入社を目指して年始から転職活動を始めようと考えている人は、年末の12月頃から準備を始めるようにしてください。


■ 意外と狙い目? 年末の転職活動

1年のうち転職者の動きが鈍るのが、8月と12月です。

8月は夏の暑さのため。12月は年末で多忙だったり、新年から活動しようと考える人が多いためです。12月は求人も減少する時期と言われています。

しかしライバルの少ない12月が狙い目という考えもあります。

年が明けると転職市場が活発化し、ライバルも増えます。激しい競争を避けて、12月中に転職を決めるというのも一つの方法かもしれません。


■ 年末年始の転職活動の問題点

年末年始だからといって求人数は減るということはありません。しかし転職活動を行う上で、年末年始だとちょっとした問題点があることはあります。

・年末年始は企業が休みになるため、選考結果が遅くなる
・企業は挨拶回りなので多忙(面接の日程に影響するかも?)

ただ転職する側にしてみれば、年末年始は転職活動を始めるのに最適です。1月は求人数が増えるし、4月入社を狙える時期だからです。


■ 年末までに決めるメリット

年内に退職した人の中には、年始から転職活動を考えている人もいると思います。

ただ年末調整以前に退職した場合、翌年の2月~3月に自分で確定申告する必要があります。サラリーマンの人は確定申告をしたことのない人もいると思いますが、収入や経費の計算が面倒だという人は年末までに転職先を見つけたいですね。

年内に転職先が決まると、会社の方で年末調整をしてくれるので、翌年に確定申告の必要はありません。年末までに転職先を決めると、こんな利点もあります。


■ これぞ王道? 年始からの転職活動

1月からの転職活動というのは、王道であり非常に動きやすいです。

転職活動のスケジュールを一般的な3か月に設定すれば、4月入社という形を作ることができます。1~3月になると求人も増加するという利点もあります。

転職環境が充実する半面、転職者数も増加してライバルも増えます。

1月からスムーズにスタートを切るには、12月中に転職活動の準備をすることが大切。転職サイトに登録し、早めに求人情報を集めるようにしましょう。

転職決定数No.1の転職サイトとは?

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 年末年始 転職活動 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム