トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動における適職探しの勘違い

転職活動を成功させるには、適職を見つけることが大切です。しかし転職活動を行う人の中には、適職探しで勘違いをしている人も少なくありません。

転職活動をする上で、勘違いしやすい点を幾つか紹介します。


■ 適職探しのよくある勘違い

○自分の適職かばかりを気にする

どんな仕事が適しているかより、「どんな仕事がやりたいか」が大切。

○「この仕事がしたい」だけでは駄目

この仕事がしたいという気持ちは大切だが、熱意だけでは駄目。

○資格や学校に過度な期待をする

資格さえ取れば転職できるというわけではありません。

○固定観念や勝手なイメージを持つ

イメージや思い込みだけで仕事を選ぶのは、転職失敗のもと。

○適職と適社を混同する

適職を選ぶことと、会社を選ぶことは別物。分けて考えましょう。

○嫌なことがあると「適職じゃない」と思う

どんな仕事でも嫌なことはあります。逃げずに我慢することも大切。


■ 適職は自分で作っていける

自分に合った仕事、適職は次の3つから構成されています。

・能力……必要な知識や技能を持っているか
・気質……その仕事に適した性格をしているか
・態度……その仕事に対して意欲や情熱があるか

人間の「気質(性格)」は簡単には変えられませんが、「能力」や「態度」は努力で変えていけます。適職は自分で作り上げていくことも可能なのです。

転職活動ではあまり適職探しにこだわりすぎず、まずは「何がやりたいのか」「何を実現したいのか」に重点を置いて、求人探しを行ってみましょう。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 求人 適職探し

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム