トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

マスコミ業界への転職と求人状況

昨今の広告業界は不況の影響もあり、インターネット分野を除いて下落傾向にあります。仮に景気が回復しても企業の広告費は減少傾向が続くとも言われています。

マスメディアの部数や視聴率の減少、国内人口の減少、ネット広告への推移が進むと見られているからです。そのためマスコミ業界は既存の手法からの脱却が求められています。マスコミ業界は大きな変化を迫らせているのです。

しかしこれは転職者にとってチャンスでもあります。

マスコミ業界への転職と求人


■ こんな人物が求められている

マスコミ、広告、出版、印刷業界は、新しいビジネスモデルの確率が求められています。それは転職者の求人採用にも形となって現れています。

マスコミ業界が求めている人物像として、次のようなものが挙げられます。

1、従来の手法にとらわれない新しい発想ができ、感性が豊かな人
2、仕事に対して高い意識と意欲を持ち、精神力の強い人
3、情報を提供する者としての責任感と知識を持っている人
4、インターネットの知識や事情に精通している人

1~3は以前からマスコミ業界で求められている人物像ですが、近年はインターネットに詳しい人材も必要とされています。言い換えればネットの知識が全くない人は、マスコミ業界への転職では苦戦を強いられるということです。

ネットの基本的なツールぐらいは使いこなせるようにしましょう。


■ マスコミの求人・転職状況

放送、広告関連の求人が増加傾向にあり、映像や制作会社も多いです。

職種で見れば営業やプロデューサー、プランナー、グラフィックデザイナー、Webクリエイターなどは、常に求人数が安定している傾向にあります。

転職の方法としては、人材紹介会社を利用する人が増えています。

近年はマスコミやエンターテインメント業界の求人を専門に扱う人材紹介会社も増えていますので、無料で登録して求人を紹介してもらうことができます。

マスコミの求人はなかなか見つからず、苦労している転職者も多いと思います。ネット上の転職サービスをいかに使いこなすかが、転職成功のカギを握ります。

マスコミ業界に転職を希望する方は、以下のようなサイトがおすすめです。

広告・Web・マスコミの転職はマスメディアン
転職者の8割が利用するリクナビNEXT
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: マスコミ 転職 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム