トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職の求人が増える時期

転職の求人が増える時期

転職成功の第一条件は、なるべくたくさんの求人情報を集めることです。豊富な求人情報の中から、自分の希望条件に合う仕事を探すのが、転職活動の基本です。

ここで知っておくべきことは、転職市場における求人数の変化です。

中途採用の求人は常に一定ではなく、多い時期もあれば少ない時期もあります。求人の多い時期に転職活動をした方が、希望の求人に出会える確率は高くなります。

そのため転職活動を始める前に、求人の増える時期を把握しておきましょう。


■ 求人が増える時期はいつか?

一般的に中途採用の求人数が増えるのは、1月~3月と7月~10月です。

1月~3月に多いのは、決算期で経営の見直しを図る企業が多いためです。7月~10月に多いのは、夏のボーナスをもらって辞める人が多いからだと言われています。

転職活動を行う場合、この時期を狙うといいかもしれません。

ただ転職求人が増えるこの時期は、転職活動をする人が増える時期でもあります。当然、ライバルも多くなり、競争が激しくなる可能性もあります。

求人が増えるからといって、油断せずに転職活動を行ってください。


■ 求人が少ない時期はいつか?

逆に求人が少ない時期はいつ頃なのかも把握しておきましょう。

一般に求人の少ない時期は4月~5月、12月頃となっています。

まあ当然といえば当然ですね。4月~5月に求人が少ないのは、1月~3月期に人材の補充を終えているからです。12月に求人が少ないのは、年末でどの企業も忙しいため中途採用の選考を行う時間的余裕がないためと考えられます。

この時期は転職活動をする人も少ない傾向があります。そのためライバルの少ない時期を狙うなら、4月~5月や12月に転職活動を行うという手もあります。


■ 時期による求人数の差

このように一年を通してみると、求人の多い時期、求人の少ない時期があります。

ただ求人の多い時期と少ない時期とでは、それほど極端に求人数が違うというわけではありません。せいぜい2割程度といったところです。

だから「4月や5月は極端に求人が少なすぎる」というわけでもありません。

また求人の多い時期だからといって、理想の企業にめぐりあえるとは限りません。いくら市場に求人が豊富にあっても、自身の情報収集能力が低ければいい求人には出会えません。転職活動では情報源をしっかり持つことの方が大切です。

いい求人をしっかり確保するためにも、複数の情報源を確保しましょう。

転職活動に失敗する人の多くは、一つのサイトにしか登録していないという傾向もあります。必ず複数の転職サイトに登録し、しっかりと情報を収集してください。

また自身で求人探しをするだけでなく、転職エージェントやスカウトサービスも利用し、多角的なアプローチを心がけてください。


■ 転職期間の設定

転職活動を行う人の8割は、転職期間を3ヶ月~半年に設定しているようです。そのうち約5割の人が、1~3ヶ月程度で転職を決めているというデータがあります。

転職活動を行う場合、3ヶ月という期間を一つの目安にするといいでしょう。

例えば4月から新しい会社で働きたいと考えている人なら、1月頃から転職活動を行うなど、自分なりに転職期間を設定し、転職活動の計画を立ててください。

もちろん計画通りに行かないのが、転職活動です。しかし無計画に転職活動を進めるのは危険です。事前にしっかりとスケジュールを立ててください。

また転職活動の進捗状況に応じて、スケジュールを見直すことも忘れずに。


■ 大切なのは自分のタイミング

転職活動を始めるにあたって、『求人の増える時期』にあまりこだわる必要はありません。例えば3月と4月でそれほど求人数に極端な差があるかと言えば、そうでもないのです。年によってはさほど変わらない時もあります。

また求人数は景気によっても変動します。近年は景気が回復傾向なので、一時期と比べると求人も多いです。そのため最近は転職しやすい環境になっています。

もう一つ言えば求人が増える時期は、転職者が増える時期でもあります。求人数が増えてもライバルも増えるため、競争率は高くなります。

求人が増える時期=転職しやすい時期ではないようです。

となると、やはり大切なのは自分のタイミングです。

自分の中で「転職しよう!」と思った時に行動を起こすのが一番です。


■ 準備をきちんと整える

1月から転職活動を行う場合、12月頃から準備を整えておくことも大切です。

7月から転職活動をする場合は、6月頃から準備するといいでしょう。

幾つかの転職サイトに登録し、転職活動の情報を集めたり、個人プロフィールを作成し、時期が来たらスムーズに転職活動できる態勢を作ります。

転職サイトには個人で転職活動を行う直接応募型と、コンサルタントのサポートを受ける転職エージェントがあります。どちらも無料なので上手に併用しましょう。

また転職の意思がはっきり固まっていなくても、漠然と転職を考え始めたら、転職サイトに登録をして情報収集を行ってください。

求人の状況や転職市場の動向を確認し、転職をするか現職に留まるかを決めても遅くはありません。スカウト登録だけして、いい企業からオファーが来たら転職するという人もいます。スカウトサービスは転職を迷っている人に極めて有効です。

転職サイトに登録したから必ず転職活動しなければならないというルールはありません。進むか退くかの判断材料に転職サイトを利用する方法もあります。

DODAの詳細はこちら
Facebookを利用した転職アプリ『Switch.』

10万件の企業口コミ。キャリコネ
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 求人 転職活動

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム