トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職の方法-求人サイトと人材紹介会社の利用

かつて転職活動の方法といえば、ハローワークや求人情報誌、新聞の求人広告欄が主流でしたが、インターネットの普及により転職活動の方法も変化しました。

近年は転職サイト・求人サイトが転職活動の主力となっています。

どんな転職サイトを利用するのか、転職サイトをどのように利用するのかが、転職の成否を分けます。そこで転職サイトの利用方法について解説します。

転職の方法


■ 転職活動の方法に関するアンケート

1位……転職サイトの求人情報に応募
2位……転職サイトのスカウトに登録
3位……人材紹介会社に登録
4位……ハローワークを利用
5位……転職サイトに登録のみ

転職活動にインターネットを利用している人が大半で、今や転職活動に転職サイトは欠かせない存在になっていることが分かります。

つまり転職サイトの活用が、転職成功の鍵を握っているわけです。

ただ転職サイトと一口に言っても様々なタイプがあるので、それぞれのタイプを把握して上手に使い分けることが、転職活動では大切になってきます。


■ どのサイトを利用すべきか

転職サイトには大きく2つのタイプがあり、自分で求人を探して応募する『直接応募型』と、転職コンサルタントに仲介してもらう『間接応募型』があります。

各転職サイトの特徴を以下で簡単に確認してください。

◎直接応募型

直截応募型の代表といえば、やはりリクナビNEXTです。会員数350万人以上を誇り、多数の求人情報を掲載する国内最大級の転職サイトです。

スカウト登録をすることで、企業からスカウトを受けることもできます。転職成功者の8割が利用しているという大人気の転職サイトです。


◎間接応募型

人材紹介会社(人材バンク)が、間接応募型に該当します。

人材紹介会社に登録すると、転職コンサルタントがあなたの希望に合う求人の紹介、応募書類の作成アドバイス、面接日程の調整、求人企業と待遇交渉の代行など、転職活動を無料で幅広くサポートしてくれるのが大きな魅力です。

特にキャリアやスキルのある人は、人材紹介会社を利用すると有利です。

人材紹介会社ではリクルートエージェントDODA(デューダ)が有名です。


転職に成功した人は、直截応募型と間接応募型の併用、スカウト登録など、転職サイトのサービスを複合的に利用し、様々な角度から求人にアプローチしています。

転職サイトのサービスは全て無料なので、積極的にお役立てください。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職の方法 求人サイト 人材紹介会社

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム