トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職情報を効率的に探す方法

転職を成功させる第一のハードルは、転職先となる求人探しです。

しかしいざ転職活動をしてみると、なかなか「これだ!」という求人が見つからないものです。転職情報誌を一冊読んで、1件か2件あればまだいい方です。

そのためいかに転職情報を効率的に集めるかが重要になります。

ここでは転職情報を効率的に探す方法を紹介します。

転職情報を効率的に探す方法


■ 転職サイトの利用がおすすめ

転職サイトの求人数は、数万件~数十万件に及びます。しかも希望職種や勤務地など条件を入力することで、自分の希望に合った求人を簡単に探すことができます。

また近年は求人探しや応募ができるだけでなく、スカウトサービスを提供している転職サイトも少なくありません。これはスカウト登録し、企業からオファーを受ける転職方法です。効率的に転職できることから注目を集めている転職方法です。

自分の希望条件を入力した『レジュメ』を匿名公開することで、求人企業からスカウトを受けることができます。レジュメさえ作成しておけば、自分で求人探しをしなくても企業からアプローチしてくるので、小さな負担で転職活動ができます。

転職活動ではぜひ利用したいサービスの一つです。

リクナビNEXTの評判


■ 人材バンクの利用

転職情報を効率的に入手する方法として、人材バンクの利用もおすすめです。

人材バンクとは、専任のキャリアコンサルタントが転職活動を無料で支援してくれるサービスです。あなたの希望に合った求人を紹介してくれる他、業界情報も提供してくれるので、自分で情報収集する必要がなく転職の手間が省けます。

また人材バンクでは応募書類の書き方や面接対策、企業との待遇交渉の代行など、幅広くサポートしてくれるので、転職活動の負担を大きく軽減できます。

一般的な求人サイトと共に、転職活動では利用したいサービスです。

DODA(デューダ)の評判


■ 複数のサイトを併用

転職活動では一つのサイトに頼らず、複数のサイトを併用することが常識です。

転職サイトを複数併用することで、転職情報を効率的に入手できます。ただしあまり多くのサイトに登録すると、情報の整理が大変で効率が低下します。

転職サイトは最低でも5つぐらいに登録すべきだと言われてます。

転職サイトの中にはキャリコネのように求人情報だけでなく、企業の口コミ情報を集めているサイトもあります。転職情報を探すのにとても便利です。

各サイトの特徴を把握し、上手に転職サイトを利用することが大切です。

転職サイト・求人サイト比較

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職の方法 転職活動 求人探し

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム