トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

仕事をしながら転職するには

仕事をしながら転職活動を行うか、退職してから転職活動を行うか、迷う人もいるでしょう。どちらがいいかは個人の事情によって違ってきますが、基本的には仕事をしながら転職を目指した方が安全です。

もちろん仕事をしながらの転職では十分な時間が取れず、だらだらとした転職活動になりいがちです。そこで計画を立て、効率的に転職する方法を考えましょう。

ここでは仕事をしながら転職する方法を紹介します。

仕事をしながら転職するには


■ スカウトサービスの活用

仕事をしながら転職するには、スカウトサービスに利用がおすすめです。

スカウトサービスとは転職サイト上に自分のキャリアやスキルを匿名で公開し、企業や転職エージェントにスカウトしてもらう転職方法です。

職歴や希望条件を記入した『レジュメ』さえ作成すれば、後は企業からのオファーを待つだけなので、仕事をしながらでも転職できます。

スカウトサービスのある転職サイトでは、リクナビNEXTが有名です。

またキャリコネなどにもスカウトサービスはあります。


■ スカウト転職の流れ

1、まずは転職サイトの会員になります(登録無料)

2、スカウトサービスに登録します(レジュメを作成)

3、あなたに興味を持った企業がオファーを送ってきます

企業はあなたの職歴や希望条件を見てオファーを送りますので、「あなたの希望条件に合致した企業」「あなたの能力を高く評価する企業」であることが多いです。


■ スカウト転職の利点

・レジュメさえ作成すれば、後は待つだけ。自分で求人を探す面倒がない
・意外な企業からオファーが届くこともあり、新しいキャリアのチャンス
・スカウトレポートで、あなたの市場価値を評価してくれる

スカウトサービスを利用すれば、在職中で忙しい人でも仕事をしながら転職ができます。また「いい企業があれば転職したい」という人にも最適のサービスです。

リクナビNEXTのサービスに関しては、下記ページでご確認ください。

スカウト転職の方法


■ 転職エージェントの活用

仕事をしながら転職するには、転職エージェントの活用も有効です。

これは専任のキャリアコンサルタントが求人の紹介だけでなく、企業との面接日の調整、待遇交渉まで行ってくれるので、かなりの負担軽減になります。

わずらわしい手続きや交渉をコンサルタントが代行してくれるので、仕事で忙しい人も効率的に転職ができます。もちろん費用は一切かかりません。

有名な転職エージェントとしては、以下のようなところがあります。

リクルートエージェント
DODA(デューダ)

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム