トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

働きながら転職活動するには

転職活動では在職したまま働きながら転職活動する方法と、退職してから転職活動する方法の2つがあります。しかし働きながら転職活動した方が無難です。

もちろん働きながら転職活動することは、決して楽ではありません。

しかし退職してからの転職活動となると、早く転職先を決めなければという焦りやプレッシャーから判断を誤るケースも多いです。精神的にゆとりを持って転職活動をしたいなら、やはり在職しながらの方がいいでしょう。

近年は転職サイトを利用することで、在職中でも効率的に転職活動ができます。


■ 働きながら転職活動するには

働きながら転職活動するには、転職サイトの利用が不可欠です。

転職活動では求人探しから応募書類作成、面接、企業との待遇交渉など、幾つもの段階を踏まねばなりません。そのため働きながら転職するのは大変ですが、インターネットの転職サイトを利用すれば、労力を少なくして効率的に転職できます。

働きながら転職活動をするには、転職サイトのサービスを有効利用することです。

特に「スカウトサービス」と「人材バンク」は非常に有効です。


■ スカウトサービスとは?

スカウトサービスとは転職サイト上に自分の職歴や希望条件を匿名公開し、企業からのスカウトを待つという転職方法です。職歴等を入力した『レジュメ』を作成すれば、後は企業からのオファーを待つだけなので、手間をかけずに転職できます。

スカウトサービスを利用した転職方法は、こんな人に適しています。

・在職中のため忙しくて転職活動できない人
・自分の能力を必要とする企業で働きたい人
・好条件の企業があれば転職したいという人


スカウトサービスのある転職サイトとしては、リクナビNEXTが有名です。

転職活動で企業からスカウトされるには


■ 人材バンクとは?

人材バンクとは求人企業と求職者の希望条件を考慮し、適切な出会いを仲介してくれる業者のことです。人材バンクに登録すると、キャリアコンサルタントが転職活動を多岐に渡って支援してくれるので、働きながら転職することができます。

人材バンクのサービスとして、次のようなものがあります。

・あなたの希望条件に合った求人を紹介
・応募書類作成や面接のアドバイス
・求人企業と交渉し、面接日時を調整
・あなたの代理人となり、求人企業と待遇交渉
・退職願の書き方や円満退職の方法を伝授


転職活動では求人企業と様々な手続きや交渉を行わなければなりませんが、人材バンクではコンサルタントがあなたの代理人となって企業と交渉してくれます。

煩わしい交渉や手続きを一任できるので、転職の手間が大いに省けます。

リクルートエージェントの無料転職支援サービス


■ 求人探しをどうするか?

働きながらの転職活動で一番大変なのが、求人探しです。今はインターネットもあるので帰宅後に自宅で求人探しができますが、それでもなかなか大変な作業です。

理想の求人がすぐに見つかればいいですが、なかなかこれといった求人を見つけられずに、転職サイトをあちこち探し回る人も少なくないようです。

それを回避する意味でも、人材バンクやスカウトサービスは有効です。

人材バンクに登録すれば転職エージェントがあなたの希望に合った求人を探してくれるし、スカウトサービスの場合は求人探しをする必要もありません。

もちろん理想の転職方法は、

自分で求人探し + 人材バンクに登録 + スカウト登録

といった形で複数のアプローチをすることです。

もちろん個人の好みに合わせて「自分で求人探し+スカウト」や「人材バンク+スカウト」など、組み合わせを考えながら転職活動を行っていくといいでしょう。

どちらにせよ転職サイトのサービスを上手に利用することが大切です。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 働きながら転職 求人サイト 転職活動

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム