トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

契約社員の職務経歴書の書き方

職務経歴書に契約社員の経験を書く場合は、経験した業務の中で希望職種に近いものを重点的に書きます。実務能力をどれだけアピールできるかが鍵となります。


■ 実務能力がアピールポイント

これまで契約社員や人材派遣などを通して働いてきた人も少なくないでしょう。この場合は、実務能力が一番のアピールポイントとなります。

次の点に重点を置いて職務経歴書を書いてください。


1、得意分野を明確にする

経理、販売、パソコンオペレーターなど、得意分野を明確にした方が効果的です。さらにどこの企業で、どのような業務で得意分野を活かしたかも書いてください。また得意分野に関しては「自己PR」欄などを使ってアピールしてもいいです。

2、希望職種に近いものに重点を置く

複数の経験がある場合は、希望職種に近い仕事に重点を置いて、仕事内容や業績などを具体的に書きます。また短期の仕事より長期のものに重点を置いてください。短期の仕事に関しては、企業名と仕事内容を簡潔に1行程度に書けばいいです。

3、スキルや資格をアピール

仕事を通して得たスキルや資格などは、自主的に学んだものにしろ、派遣会社で講習を受けたものにしろ、アピールポイントとなるので全て書いた方がいいです。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 契約社員 転職 職務経歴書

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム