トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務経歴書にアルバイトも書くべきか

職務経歴書にアルバイトの経験を記載する際、まず「なぜフリーターでいたのか」の理由を説明しましょう。その上で得た知識や経験をアピールします。

アルバイトをしていた理由を職務経歴書できちんと説明することが大切です。


■ 理由を説明しないと不利になることも

フリーター経験を持つ人に対して、採用担当者が気にするのは「なぜ正社員ではなくアルバイトを選んだのか」です。

正社員と比較すると、アルバイトやパートの仕事範囲や責任は限られます。

そのため採用担当者が納得できる理由を説明しなければ、気楽だからフリーターを選んだのだと思われます。そう思われると、選考では不利になるので注意が必要。


■ 自己アピールにつながる場合は書いておく

通常、アルバイトやパートの経験は「職歴」として扱いません。

ただ職務経歴書の形式は自由なので、自己アピールにつながる場合はアルバイトやパートの経験も書いた方がいいです。その際は、次の点に注意しましょう。

1、希望職種に近いものに重点を置く

複数の職に就いている場合でも、希望職種に近いものに重点を置き、仕事の内容、職場でのポジションなどを詳しく書いてください。

2、長期間のものに重点を置く

短期間のアルバイトをたくさん書くよりも、長期のものの方が好印象です。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 職務経歴書 アルバイト経験 転職

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム