トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職回数が多い人の職務経歴書の書き方

転職の回数が多いと、採用選考では不利になります。またすぐに辞めてしまうのでは、と思われてしまうからです。これは職務経歴書でフォローしましょう。

会社の倒産やリストラの場合は、事実をそのまま書いても構いません。しかしそれ以外の場合は、キャリアアップのためということを強調した方がいいです。


■ 採用担当者の不安を払拭しよう

転職回数が多いと、本人にとっては意義のある転職だったとしても、採用担当者は「またすぐに辞めるのでは」「忍耐力がないのでは」と思ってしまいます。

そんな採用担当者の不安を払拭するためにも、次の点に注意しましょう。


1、自分のスキルを強調

これまでの職歴の中で得た営業ノウハウや事務能力などの実務能力をアピールします。転職回数が多い場合は、キャリア形式で書いた方が効果があります。

2、関連職種を強調

関連のない業界に転職してきた場合は、希望職種に近い職種を中心に書いてアピールします。関連の薄い職種に関しては簡潔に書いてメリハリをつけてください。

3、多能であることを強調

これまでの転職がキャリアアップのためであることをアピールするためにも、知識や技術、資格、特技などをできるだけたくさん書いてアピールしてください。

求人情報と転職のノウハウが満載【リクナビNEXT】
転職応援サイト『イーキャリア』
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム