トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

キャリアが長い人の職務経歴書の書き方

たくさんのキャリアを持っている人は、職務経歴書に様々なことが書けます。

しかし多くの経歴を盛り込みすぎると、インパクトが薄れて逆効果にもなります。希望職種に関連する職歴に重点を置いて、内容にメリハリをつけましょう。


■ 柔軟性をアピールすることも忘れずに

キャリアが長いことは選考でも評価されますが、一方で新しい仕事に対する柔軟性が欠けるのではないか、他の社員とチームワークを保てるか、という不安を持たれます。

そのため経験の豊富さだけでなく、柔軟性もアピールしておきましょう。


1、関連する業務をメインに書く

複数の部署を歴任している場合は、希望職種に関連するものを中心に書きます。どんなに豊富なキャリアがあっても、書く分量は用紙1、2枚にまとめましょう。

2、柔軟性をアピール

募集職種が未経験の場合などは、実務能力の高さをアピールし、どんな部署でも対応できるという柔軟性を伝えるようにしましょう。

3、役職、昇進を強調する

管理職クラスの募集では、編年体形式で役職と昇進の状況を詳しく記載しましょう。どのくらいの規模で、どのような職務内容だったのかを盛り込んでください。


キャリアが長くて豊富な経験を持っている人は、全てを盛り込みたくなります。しかし関連性のある業務を重点的にアピールした方が採用選考では効果的です。

自分のキャリアを吟味し、取捨選択する勇気を持ちましょう。

求人情報と転職のノウハウが満載【リクナビNEXT】
転職応援サイト『イーキャリア』
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: キャリアが長い 転職 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム