トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

キャリアが少ない人の職務経歴書の書き方

キャリアが少ない人の職務経歴書の書き方

職務経歴書は転職活動で重要な役割を果たす応募書類です。採用を勝ち取るには、職務経歴書でいかにアピールするかがカギとなります。

しかしキャリアが少ないため、職務経歴書に書く内容があまりないという人もいるかもしれません。その場合は、一つ一つの項目を詳しく書きましょう。

また資格や特技、志望動機などを盛り込んで分量を増やす方法もあります。

ここではキャリアが少ない人の職務経歴書の書き方を解説します。


■ 詳しく具体的に書く

キャリアが少ないからといって、余白だらけの職務経歴書を提出すれば、やる気がないと思われます。経験の少なさを補うためには、各項目を詳しく述べましょう。

少ない材料で自己アピールするには、次のことにも注意しましょう。

1、たくさんの要素を盛り込む

仕事内容のほか、資格や特技、会社概要など、書ける要素は何でも書く。

2、仕事に対する熱意をアピール

積極的に取り組んだことや工夫したことなどをアピールしましょう。

3、アルバイトやパートの経歴も入れる

希望職種に近いものならアルバイトの経験も評価されます。

4、志望動機・自己PR

キャリアの少なさを熱意でカバーするため、志望動機・自己PRを書く。

キャリアが少ないと書く内容が乏しくて、困ってしまうかもしれません。しかしどんなに経験の浅い人でも様々な知識や技術を習得し、経験も積んできたはずです。

もう一度自分の経歴を振り返り、アピールできそうなことを探してみましょう。


■ 職務経歴書で自分を売り込む

職務経歴書は転職活動で自分を売り込むための武器です。キャリアが少ない人こそ職務経歴書を存分に活用し、応募企業に自分を売り込む必要があります。

キャリアが少ないからといって、それだけで不採用にはなりません。

企業が転職者に求めているのは「我が社が求めている人材か」「我が社に役立つ人材か」ということです。だからキャリアが少なくても「貢献できる」ことをアピールできれば採用に繋がります。大事なのはキャリアの長さではなく、中身です。

たとえキャリアが短くても、その中で自分が学んだことや得たものをアピールし、企業に貢献できることを伝えることができれば、きっと採用を勝ち取れます。


■ 転職エージェントを活用

「とはいうものの、どうしてもうまく自分をアピールできない」
「キャリアが少なすぎてアピールできるものがない」

職務経歴書に何を書けばいいのか分からず、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そういう人は転職エージェントを利用した方が賢明です。

転職エージェントに申し込めば職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれる他、求人の紹介や面接対策など、転職活動を幅広くサポートしてくれます。

そのため一人で転職活動をするよりも、採用率が格段に上がります。

ただキャリアが少ないと大手の転職エージェントは相手にしてくれない可能性があります。そこでフリーターや第二新卒向けの転職エージェントを検討しましょう。

このような転職エージェントは、キャリアの少ない社会人の転職者も対象としています。利用者の多くは社会人経験ゼロの人なので、少しでもキャリアのあるあなたは有利です。優先的にいい求人を紹介してもらえることも期待できます。

職務経歴書が書けずに悩んでいるという状況は好ましくありません。転職エージェントの利用は完全無料なので、プロのキャリアコンサルタントに相談してみるのも手です。自力でダメな時は他者の協力を得ることも社会人には必要な能力です。

キャリアが少ない人は以下のような転職エージェントがおすすめです。







関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: キャリアが少ない 転職 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム