トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務経歴書に盛り込む情報

職務経歴書には決まった形式はありませんが、自分をアピールするために、また採用担当者に欲しい人材だと思わせるために、盛り込む内容には配慮が必要です。

大切なことは、企業の求める人材と自分の共通点をアピールすることです。


■ 職務経歴書に盛り込む内容

1、表題

用紙の一番上に「職務経歴書」と書く

2、氏名・捺印・年齢

ワープロ書きでも署名は手書きで行います。捺印は三文判で構いません。

3、希望職種

希望職種は必ず書く。複数の職種を募集している場合は、特に明記が必要。

4、職務経歴

職務経歴書の中心となる部分です。仕事の内容を具体的に書きましょう。

 ・年月……入社、退社、昇進、異動、転勤、受賞などの年月を書く
 ・勤務先……会社名と業務内容。必要に応じて資本金や従業員数も記載
 ・部署/職務内容……部署名と携わった職務内容、プロジェクトなど
 ・実績/成績……売り上げ実績、開発業績、管理した部下の人数など
 ・資格取得……取得した資格や、受けた講習など

5、志望動機

履歴書の欄だけでは書き足りないという人は、職務経歴書に欄を設けて書く。

6、自己PR

転職回数が多いなど不利な要素がある人は、熱意を伝えてカバーしましょう。

7、参考データ

資格や特技、課外活動、異業種交流などがあれば書きましょう。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 転職活動 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム