トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務経歴書で読みやすい文章とは?

職務経歴書を書く際には、読みやすい文章を心がける必要があります。

どんなに素晴らしい内容でも、読みにくい職務経歴書では採用担当者にきちんと読んでもらえません。読みやすい文章にするためには、次の点に注意しましょう。


■ 短く簡潔に書く

言いたいことをストレートに伝えるには、短く簡潔に書いた方が効果的です。

長いスピーチが嫌われるのと同様に、冗長な文章は好まれません。また簡潔にまとめられない人は、事務処理能力のない人と見なされてマイナス評価になります。

職務経歴書を書く際の基本は、短い文章で箇条書きにしてまとめることです。


■ 客観的に書く

書く際には、読む人が理解できるかどうかを常に確認しましょう。独りよがりな文章になっていたり、相手が理解できないような専門用語を多用するのは厳禁。

誰が読んでも理解できるよう、客観的に分かりやすく書くことが大切です。


■ 文体を使い分ける

「である」体と「です/ます」体を使い分けて書きましょう。

志望動機や自己PRの欄では「です/ます」体を使った方がいいですが、職務経歴欄は簡潔な記述が好まれるので、「である」体を用いた方がいいでしょう。

しかし「である」「のだ」を多用しすぎると傲慢な印象を与えるので注意が必要。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 転職の方法 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム