トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務経歴書を書く手順

書類選考を勝ち抜くには、職務経歴書を通してあなた自身を売り込まなければなりません。そのためにはメッセージ性のある職務経歴書である必要があります。

職務経歴書を書く時は、いきなり無計画に書き出してはいけません。まとまりがなかったり、アピール力の弱い職務経歴書になってしまうからです。

メッセージ性の強い職務経歴書を書くためには、次の手順で進めましょう。

職務経歴書を書く手順


1、自分の職歴を全て書き出す

まず自分の職歴を全て書き出してみましょう。入退社の時期、異動、昇進、転勤、どんな仕事をしたのか、関わったプロジェクト、成果や実績、得た知識や技術……

2、自分のどこをアピールするか決める

志望する企業に採用されるには、どこをアピールすれば効果的かを考えましょう。自分の職歴の中で企業のニーズに合致する部分がアピールポイントです。

3、取捨選択する

職務経歴書の中に全てを盛り込もうとすると、全体がぼやけてしまいます。そのため強調すべき部分と簡単に触れるだけの部分をはっきりと分けましょう。

4、書式を決める

職務経歴書には、決まった書式はありません。一般的なのは編年体形式とキャリア形式と呼ばれるものです。アピールしやすい方を選びましょう。

5、体裁を決める

書類の大きさはA4かB5か、文字の大きさはどうするか、何字詰めの何行で書くか、見出しの立て方はどうするか、書体はどうするかなどを決めてください。

6、下書きの作成

下書きを書いて、採用担当者の目で読み直してみましょう。レイアウトは読みやすいか、独りよがりの文章になっていないかをチェックしてみてください。

7、清書する

清書は手書きでもワープロでも構いません。誤字や脱字に注意しましょう。


■ 転職エージェントを利用

自分一人ではなかなかいい職務経歴書が書けない・・・と悩んでいる人もいるかもしれません。そういう人は転職エージェントを利用してみましょう。

転職エージェントに登録すると、専門のキャリアコンサルタントが職務経歴書や履歴書などの応募書類の書き方をアドバイスしてくれます。

それぞれの企業に応じたアピールの仕方も指導してくれるので、より完成度の高い職務経歴書を作成することができ、採用選考の通過率が高くなります。

おすすめの転職エージェントとしては、以下のようなところがあります。

リクルートエージェント
DODA(デューダ)

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 転職活動 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム