トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

採用担当者は職務経歴書のどこを見るか

転職の選考では、企業は履歴書よりも職務経歴書を重視します。そのため職務経歴書を使って自己アピールすることが、転職を成功させるには欠かせません。

しかし的外れなアピールをしても、採用担当者の心には響きません。

採用担当者が職務経歴書を読む際のポイントを知っておきましょう。


■ 即戦力となり得るか

求人企業が応募者に求めるのは、即戦力となる人材かどうかです。そのため職務経歴書では、職務内容、実績、資格などをできるだけ詳細に書いてください。

特に企業が求めている部分に関しては、重点的にアピールしましょう。


■ やる気はあるか

企業は前向きに仕事に取り組む人を歓迎します。そのため職務経歴書を書く際には、「積極的に自己アピールする」という姿勢を見せることも大切です。


■ 表現力やアピール力はあるか

職務経歴書には決まった形式がないので、自分で書き方を考える必要があります。つまり職務経歴書をどう書くかといったことも、選考の対象となるのです。

見やすく知りたいことを的確にアピールしていれば、評価は高くなります。


■ 企業の求める技術や経験はあるか

中途採用の場合、企業は求める人材像を明確に持っています。そのため企業がどんな人材を欲しがっているかを、企業研究をして把握することが大切です。

そして企業のニーズに合った自分の技術や経験をアピールしましょう。

求人情報と転職のノウハウが満載【リクナビNEXT】
転職応援サイト『イーキャリア』
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 採用担当者 職務経歴書 どこを見るか

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム