トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

職務経歴書の利用方法

履歴書だけでも大変なのに、職務経歴書を書くのは非常に面倒ですよね。

しかし中途採用の選考において、企業は履歴書よりも職務経歴書を重視します。言い換えれば、職務経歴書は自己アピールの最大のチャンスでもあるのです。

転職を成功させるためにはまず「職務経歴書をかくのが面倒」という考えを捨て、「職務経歴書は自分を売り込む絶好のツール」という考えを持ちましょう。

職務経歴書を存分に利用し、転職を成功させてください。

ここでは職務経歴書の利用方法について解説します。


■ 履歴書に書ききれないことを書く

一般の履歴書は書くスペースが限られています。それに対して職務経歴書には書式や分量が決まっていないので、詳しい情報を盛り込むことができます。

職務内容や昇進、異動、受賞、資格取得など細かく記述し、自分のキャリアやスキルを最大限にアピールしましょう。

ただあまりたくさんの情報を詰め込みすぎると、逆にインパクトが薄くなります。内容を取捨選択し、ポイントを絞ってアピールしてください。


■ 不利な要素をカバーする

経験の浅い人、転職回数の多い人、仕事にブランクのある人など、転職に不利な人も少なくないと思います。そんな場合にも職務経歴書は大きな武器となります。

経験の浅い人でも、その中で得た知識や技術があるはずです。転職回数が多い人や仕事にブランクがある人も、そうなった理由が必ずあるでしょう。職務経歴書で採用担当者が納得できる説明をすることで、選考で不利な要素をカバーしましょう。

完璧な人間はいません。誰でも必ず欠点やマイナス要素を持っています。

転職活動ではそれを放置するのではなく、職務経歴書を使ってフォローしてください。職務経歴書を利用すればマイナス要素をプラスに変えることも可能です。


■ あなたの個性を表現する

履歴書と違って職務経歴書には、決まった形式がありません。そのためあなたの個性を表現しやすいはずです。職務経歴書であなた自身を自由に表現してください。

体裁やレイアウト、文字の大きさなど、少し変えるだけで見た目の印象が変わります。自分なりに何パターンかサンプルを作ってみるのもいいですね。

ただあまり懲りすぎて、独りよがりな職務経歴書になってはいけません。あくまでも読みやすさを心がけながら、あなたの個性を職務経歴書で表現してください。
関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 転職の方法 職務経歴書の書き方

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム