トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動における履歴書の志望動機欄の注意点

転職するにあたって、履歴書の作成は転職成功の大きな鍵を握っています。特に履歴書の志望動機欄は、採用担当者が最も注目する項目の一つです。

自分は志望企業先で具体的に何がやりたいのかを書くことが大切です。またそれが実現できる会社かどうかを調べるためにも、志望企業の情報収集は必要です。

自分の言葉で、自分だけの志望動機を書いて転職を成功させましょう。


■ 志望動機を書く際の注意点

1、何がしたいのか、何ができるのかを書く

転職の目的は、自分のやりたいことを実現することです。そしてそれが実現できる会社を選ぶはずです。つまり志望動機は、自分と応募企業の共通点になります。

「御社のこういうところで、こんな仕事をしたい」と具体的に書いてください。


2、抽象的な表現や決まり文句は避ける

志望理由の言葉として、以下のようなものは使わないようにしましょう。

「御社の将来性に魅力を感じた」
「御社の安定性に魅力を感じた」
「御社の積極的な姿勢に共感して」

これらは常套句であり、抽象的すぎて企業側の心に全く響きません。また「やる気だけは誰にも負けません」といった精神論も転職活動では通用しません。


3、企業研究が欠かせない

自分と企業の接点を探すには、志望企業をどれだけ研究したかが決め手になります。情報が得られない場合は、直接企業に問い合わせて情報収集するのも手です。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職 履歴書 志望動機

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム