トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動で新聞の求人広告を利用

転職活動を成功させるには、効率よく求人情報を集めることが大切です。

今の時代は求人情報に限らず情報源は無数にあるし、情報量も膨大です。求人情報の最もオーソドックスな集め方の一つが、新聞の求人広告です。


■ 日曜と月曜の朝刊が狙い目

多くの新聞は、日曜日と月曜日の朝刊に求人コーナーを設けています。1面分が全て求人広告で埋め尽くされていることも少なくありません。

また比較してみると、新聞によって職種や業種に特徴があります。

例えば読売新聞は事務系やサービス系の求人が多く、朝日新聞はマスコミ関係や事務系が多いです。日本経済新聞は金融業会の求人が多いと言われています。


■ 新聞広告の弱点

新聞広告の最大の弱点は、求人欄に記される情報量が少ないことです。

3行広告と呼ばれる小さな求人広告も多く、必要最小限の情報しか入ってないので、自分の希望する企業になり得るかどうか判断しづらいということがあります。

そのため電話で問い合わせるなど、確認が必要になります。


■ 効率的に求人情報を集めるには

ネットの転職サイトなら、新聞より効率的に求人情報を集めることができます。

毎日のように情報が更新されるので最新の求人情報を入手しやすく、広告スペースの制約がないので情報量も豊富です。さらに簡単に応募もできて便利です。

新聞や求人情報誌にない非公開求人も、転職サイトでは豊富に扱っています。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 求人 転職サイト

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム