トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職サイトから求人に応募する方法

インターネット上にはたくさんの転職サイトがあり、様々な種類があります。

転職サイトを大別するとデータベース型と人材バンク型に分けることができ、求人への応募に違いがあります。前者は直接応募、後者は間接応募になります。


■ データベース型転職サイト

データベース型とはリクナビNEXTに代表される一般的な転職サイトです。

転職サイトから希望の求人を自分で探し、自分自身で直接応募書類を送信します。この方法の場合、複数の企業に一括応募できるというメリットがあります。

一方、応募書類として送信したエントリーシートが書類選考の大部分を占めるので、自分自身でエントリーシートの書き方を工夫する必要があります。


■ 人材バンク型転職サイト

人材バンク(人材紹介)とはリクルートエージェントに代表される転職サイトです。

人材バンクとは企業と求職者の仲介を行う機関で、よく人材派遣と混同されますが、両者は全くの別物です。求人の紹介や面接対策など、専門のコンサルタントが無料で転職支援してくれるのが、人材バンク型転職サイトの大きな特徴です。

データベース型の場合、年収の交渉や入社日の日程調整など全て自分で企業と交渉しなければなりません。しかし人材バンクを利用した場合、これらの交渉はコンサルタントが全て代行してくれるので、スムーズな転職活動ができます。


データベース型と人材バンク型の違いは、全て自分で行うか、コンサルタントにサポートしてもらうかです。好条件の転職をしたいなら人材バンクの方が有利です。

データベース型と人材バンク型を併用するのが理想的な転職方法です。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 転職活動 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム