トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職サイトから求人に応募

一般的な転職サイトの場合、自分で求人企業を検索して自分で応募します。

その利点は、企業と直接コンタクトが取れることです。そのため志望動機や自己PRを自分なりに表現でき、自分の熱意を企業に直接ぶつけることができます。

その反面、気をつけるべきこともあります。


■ エントリーシートの内容が問われる

リクナビNEXTのようなデータベース型転職サイトの場合、全て自分で転職活動を進めなければなりません。書類選考では応募書類の出来が採否を左右します。

例えばリクルートエージェントのような人材バンク型の場合は、プロのコンサルタントが仲介に入ってくれるので、あなたの代わりに補足説明してくれます。

しかしデータベース型の場合には、このようなサポートがありません。だから自分で作成したエントリーシートの内容だけで、書類選考が行われます。

書類選考をパスするには、企業に会ってみたいと思わせる書類作りが大切です。相手に伝わるような志望動機や自己PRを行ってください。


■ フリースペース欄を有効活用

転職サイトのエントリーシートには、「学歴」「職務経歴」「資格」といった一般的な項目の他に、自由記入(フリースペース)欄が設けられています。

ライバルと差をつけるには、フリースペース欄を有効活用することです。企業が求めている人材を的確に読み取り、志望動機や自分のスキルを伝えましょう。

フリースペース欄は空白にせず、必ず記入するようにしてください。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職サイト 転職活動 求人

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム