トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

志望動機は何を書けばいいか

転職サイトから求人企業に応募する際、書くのに困るのが志望動機。

応募フォームへの記入で困ってしまう人も少なくないでしょう。

新卒の就職活動と違い、転職の応募先は転職サイトの求人で初めて知った企業ばかり……ということも、志望動機が明確にならない理由かもしれません。

しかし志望動機は、職務経歴と並んで採用選考の重要項目。

ここでしっかりとアピールしたい所でもあります。


■ 類型的な記述は避けよう

危険なのは、無難にまとめた志望動機。類型的な志望動機は他の応募者と似たような内容になってしまい、採用担当者の目をすり抜けてしまいます。

「キャリアアップを志望したため」

という記述では、求人企業側もいまいち心に響きません。

志望動機は自分の長所をとなる情報を書いた上で、「だからこの会社を志望した」ということを伝えなければなりません。応募フォームに志望動機欄が設けられてなくても、自由記入欄を使って志望動機は必ず書いてください。


■ 漠然とした表現は避けよう

志望動機の記述で注意したいのが、マニュアル表現と呼ばれるものです。

転職サイトのノウハウにもよく見られるものですが、どんな企業に対しても使える志望動機は求人企業にマイナスのイメージを与えるので注意してください。

・マイナス印象を与える表現例

「人と接する仕事がしたい」
「人の役に立つ仕事がしたい」

このような表現は、その企業を選んだ理由になっていません。また漠然とした気持ちで応募したと思われ、求人企業にマイナスの印象を与えます。

志望動機は明確に、具体的に書くよう心がけてください。

関連記事



【DODA】の無料転職支援サービス


10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 志望動機 職務経歴書

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム