転職・求人サイト比較『転職成功.com』

転職・求人サイト比較『転職成功.com』は、転職活動に役立つ転職サイト・求人サイトや人材バンクの利用法、転職サイト比較、求人情報を紹介しています。

「2018年06月」日時の記事

スカウト転職を成功させるには

求人サイトを利用すれば、企業からオファーを受けるスカウト転職も可能です。スカウト転職とは、求人サイトに職歴やスキルを公開しておくと、企業や転職アドバイザーからオファーを受けられるというサービスです。スカウト転職はこんな人に最適です。・自分を必要とする企業に出会いたい人・在職中で忙しくて転職活動ができない人・転職活動中だが、自分に合った企業が見つからない人・自分がどんな仕事に向いているか分からない人...

Facebookを利用したスカウト転職の方法

転職活動といえばかつてはハローワークや求人情報誌で仕事を探していましたが、近年はインターネットの転職サイトが主流です。その転職サイトも転職エージェントやスカウトなど、新しいサービスがどんどん登場しています。最近はFacebookを使った転職活動もあります。ここではFacebookを利用したスカウト転職サイトを紹介します。■ 日本初のFacebookスカウト転職これは株式会社ネットマーケティング社が提供する、Facebookを活用...

採用担当者はココを見る! 実務未経験者の転職

■ 未経験者歓迎の意味「未経験者歓迎」というのは未経験者の応募を歓迎するという意味で、未経験者を積極的に採用するという意味ではない。短期間で戦力になることをアピールするために、基礎知識や仕事の情報を事前に集めて勉強しておきましょう。接客やパソコンスキル、調整力はどんな業界・職種でも評価されます。また学歴や資格、特技があれば積極的にアピールしてください。■ 業界や仕事への理解が大切人気の高い業界や職種...

採用担当者はココを見る! 同業界同業種の転職

■ 実力者が歓迎されるとは限らないどんな会社でも実力者は歓迎されますが、それ以上に転職では会社との相性が重要。採用選考では経営方針や在職者との兼ね合いも関係してきます。プライドや実績への自信、自分の仕事スタイルだけを前面に押し出すと逆効果になる場合もあります。謙虚さや柔軟な姿勢を示すことも大切です。■ 新人としての認識を持っているかキャリアや実力を持っていると、つい自己PRで「貢献できます」「部下の...

転職における志望動機のアピール方法

志望動機のアピール方法を簡単にまとめておきます。マニュアル的な書き方になっていますので、それを切り口にしてご、自身の経験やスキルを踏まえながら志望動機をアピールしてください。1、経験内容のアピール同業種の実務経験、前職での類似業務や商品知識、業界知識をアピールする方法。未経験の職種でも、使えそうな部分をアピールすると効果的。職歴欄や職務経歴書と重複しがちなので、ひとひねり必要です。2、相性をアピー...

転職の選考で不利な内容は隠すべきか

転職活動に関わらず、自分の欠点は誰でも隠したいものです。しかし転職活動において虚偽の記述をしたり、経歴などを詐称したりするのは禁止です。不自然な箇所は逆に採用担当者の目をひき、逆効果です。情報を求められたら、たとえ不利な内容でも正直に書くべきです。■ 必ずどこかでカバーする自分の欠点をただ正直に書いただけでは、転職活動で成功はできません。弱点を自覚したらそれをカバーするのが社会人の基本であり、あな...

転職の志望動機は何を書けばいいか

転職サイトから求人企業に応募する際、書くのに困るのが志望動機。応募フォームへの記入で困ってしまう人も少なくないでしょう。新卒の就職活動と違い、転職の応募先は転職サイトの求人で初めて知った企業ばかり……ということも、志望動機が明確にならない理由かもしれません。しかし志望動機は、職務経歴と並んで採用選考の重要項目。ここでしっかりとアピールしたい所でもあります。■ 類型的な記述は避けよう危険なのは、無難に...

弱点をカバーする自己PRの書き方

■ 正社員としての勤務経験がない場合大学卒業時に希望する就職先と出会えず、派遣スタッフとして経験を積んできました。前職場では勤務姿勢を評価されて3度の契約更新を行いましたが、顧客と長くお付き合いして信頼関係を結べる仕事に就きたく、貴社に応募致しました。・雇用形態に関わらず、業務経験や実績は評価されます・採用担当者が気にするのは、なぜきちんと就職しなかったかという点・その疑問に対する記述は必ず書く必...

志望動機で使ってはいけない表現

求人企業に応募する際、志望動機の記入に困る人も多いようです。志望動機をどう書けばいいのか分からず、ついつい類型的な表現になってしまう人もいますが、以下のような文句はマイナスの印象を与えるので避けてください。■ 憧れの業界(企業)だった憧れを持つのは構いませんが、「その憧れの業界で何ができるのか」「どう働きたいのか」を伝えなければピントのずれた志望動機になります。また「御社の商品が以前から好きだった...

Top