トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

カテゴリ:転職の志望動機・自己PR法のエントリー一覧

  • 転職活動における自己分析の重要性

    転職活動を成功させるには、自己分析を必ず行ってください。自己分析なんて必要か? と感じる人もいるでしょうが、後で「この転職は失敗だったかも」ということにならないためにも、自己分析は不可欠です。自己分析の目的は、主に2つあります。1、自分に最適の転職先を探すため2、書類選考や面接を勝ち抜くため自分自身を知るためにも、必ず自己分析は行ってください。■ 自己分析で自分を知る転職の目的は自分の適性や希望に合っ...

  • 転職の志望理由を述べるコツ

    転職活動では書類選考や面接で必ず志望理由が問われます。しかしなかなか志望理由が思いつかない、漠然としていて言葉(文章)にならないということもあるでしょう。そこで志望理由を考えるコツを紹介します。■ 応募企業の立場に立って考える志望理由は「自分の能力、経験、適性を生かして仕事がしたい」という考えが基本になります。しかしこれは自分中心の考えなので、不十分です。企業の立場に立って、どんな貢献ができるのか...

  • 効果的な自己PRのコツと方法

    新卒採用の就職活動では学生時代の経験から自己PRしましたが、転職活動ではなるべく職務経験を中心に自己PRを行うようにしてください。25歳以下なら第二新卒として職務経験が短いので学生時代の話を盛り込んでも構いませんが、25歳以上の場合は学生時代のエピソードを盛り込むのは禁止です。職務経験でアピールできることはないのかと思われてしまいます。ここでは効果的な自己PRのコツと方法について解説します。■ 自己P...

  • 志望動機と自己PRの方法

    転職活動では、志望動機や自己PRも合否を分ける重要ポイントです。転職サイトから同じ求人情報を見ていると、同じようなレベルの応募者が集まってくる傾向があります。となると、大勢のライバルに埋もれる危険が出てきます。採用担当者の心を動かすには、自分なりのアピールが必要です。しかし志望動機や自己PRは、なかなか難しいもの……そこで志望動機ではどのようなことを書けばいいのか、また書いてはいけないのか。志望動機...

  • 志望動機と自己PRの違い

    志望動機と自己PRには、深い繋がりがある。しかし転職サイトの応募フォームにそれぞれの欄が設けられている場合は、きちんと書き分けることが選考の合否を分けることになります。■ 志望動機と自己PRの違い就職や転職は、結婚のようなものだとよく言われます。そういう意味では、志望動機とはプロポーズの言葉と言えるでしょう。「相手のどこに魅力を感じたのか」「自分との縁や絆」を語るのが、志望動機なのです。一方の自己...

  • 転職で志望動機を書くコツ

    志望動機は「なぜ当社に入りたいか」という質問への回答です。この質問に対して、志望職種への思いを述べる人も多い。しかしこれは的外れな回答です。同職種の求人広告が複数ある場合、その中から応募先企業を選んだ理由が述べられておらず説得力に欠けるからです。では志望動機を書く際のコツとは、どういうものなのでしょうか?■ 求人企業と自分の接点を探す志望動機を書く際には「応募業界」と「求人企業の概要」と「やりたい...

  • 採用担当者はココを見る! 実務未経験者の転職

    ■ 未経験者歓迎の意味「未経験者歓迎」というのは未経験者の応募を歓迎するという意味で、未経験者を積極的に採用するという意味ではない。短期間で戦力になることをアピールするために、基礎知識や仕事の情報を事前に集めて勉強しておきましょう。接客やパソコンスキル、調整力はどんな業界・職種でも評価されます。また学歴や資格、特技があれば積極的にアピールしてください。■ 業界や仕事への理解が大切人気の高い業界や職種...

  • 採用担当者はココを見る! 同業界同業種の転職

    ■ 実力者が歓迎されるとは限らないどんな会社でも実力者は歓迎されますが、それ以上に転職では会社との相性が重要。採用選考では経営方針や在職者との兼ね合いも関係してきます。プライドや実績への自信、自分の仕事スタイルだけを前面に押し出すと逆効果になる場合もあります。謙虚さや柔軟な姿勢を示すことも大切です。■ 新人としての認識を持っているかキャリアや実力を持っていると、つい自己PRで「貢献できます」「部下の...

  • 志望動機のアピール方法

    志望動機のアピール方法を簡単にまとめておきます。マニュアル的な書き方になっていますので、それを切り口にしてご、自身の経験やスキルを踏まえながら志望動機をアピールしてください。1、経験内容のアピール同業種の実務経験、前職での類似業務や商品知識、業界知識をアピールする方法。未経験の職種でも、使えそうな部分をアピールすると効果的。職歴欄や職務経歴書と重複しがちなので、ひとひねり必要です。2、相性をアピー...

  • 転職の選考で不利な内容は隠すべきか

    転職活動に関わらず、自分の欠点は誰でも隠したいものです。しかし転職活動において虚偽の記述をしたり、経歴などを詐称したりするのは禁止です。不自然な箇所は逆に採用担当者の目をひき、逆効果です。情報を求められたら、たとえ不利な内容でも正直に書くべきです。■ 必ずどこかでカバーする自分の欠点をただ正直に書いただけでは、転職活動で成功はできません。弱点を自覚したらそれをカバーするのが社会人の基本であり、あな...

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム