トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

タグ:転職の方法 のエントリー一覧

  • スカウト転職を成功させるには

    スカウト転職 - 2018/06/14

    求人サイトを利用すれば、企業からオファーを受けるスカウト転職も可能です。スカウト転職とは、求人サイトに職歴やスキルを公開しておくと、企業や転職アドバイザーからオファーを受けられるというサービスです。スカウト転職はこんな人に最適です。・自分を必要とする企業に出会いたい人・在職中で忙しくて転職活動ができない人・転職活動中だが、自分に合った企業が見つからない人・自分がどんな仕事に向いているか分からない人...

  • 採用担当者はココを見る! 実務未経験者の転職

    ■ 未経験者歓迎の意味「未経験者歓迎」というのは未経験者の応募を歓迎するという意味で、未経験者を積極的に採用するという意味ではない。短期間で戦力になることをアピールするために、基礎知識や仕事の情報を事前に集めて勉強しておきましょう。接客やパソコンスキル、調整力はどんな業界・職種でも評価されます。また学歴や資格、特技があれば積極的にアピールしてください。■ 業界や仕事への理解が大切人気の高い業界や職種...

  • 採用担当者はココを見る! 同業界同業種の転職

    ■ 実力者が歓迎されるとは限らないどんな会社でも実力者は歓迎されますが、それ以上に転職では会社との相性が重要。採用選考では経営方針や在職者との兼ね合いも関係してきます。プライドや実績への自信、自分の仕事スタイルだけを前面に押し出すと逆効果になる場合もあります。謙虚さや柔軟な姿勢を示すことも大切です。■ 新人としての認識を持っているかキャリアや実力を持っていると、つい自己PRで「貢献できます」「部下の...

  • 弱点をカバーする自己PRの書き方

    ■ 正社員としての勤務経験がない場合大学卒業時に希望する就職先と出会えず、派遣スタッフとして経験を積んできました。前職場では勤務姿勢を評価されて3度の契約更新を行いましたが、顧客と長くお付き合いして信頼関係を結べる仕事に就きたく、貴社に応募致しました。・雇用形態に関わらず、業務経験や実績は評価されます・採用担当者が気にするのは、なぜきちんと就職しなかったかという点・その疑問に対する記述は必ず書く必...

  • 志望動機で使ってはいけない表現

    求人企業に応募する際、志望動機の記入に困る人も多いようです。志望動機をどう書けばいいのか分からず、ついつい類型的な表現になってしまう人もいますが、以下のような文句はマイナスの印象を与えるので避けてください。■ 憧れの業界(企業)だった憧れを持つのは構いませんが、「その憧れの業界で何ができるのか」「どう働きたいのか」を伝えなければピントのずれた志望動機になります。また「御社の商品が以前から好きだった...

  • 転職活動に行き詰まったら……

    転職・求人 - 2017/11/03

    終身雇用制度の崩壊により、日本でも転職がかなり一般化しました。現在転職活動をしている方、また転職をお考えの方も少なくないと思います。しかしいざ転職活動をしてみると、思うようにいかないこともあります。不採用が続くと焦りもするし、不安にもなります。それでつい大して興味のない会社に飛び込んでしまい、入社後に後悔してしまう・・・という人も大勢います。転職活動では、焦って行動してもいい結果は生まれません。不...

  • 転職活動で何社受けても採用されない原因

    転職活動を始めた当初は、すぐに採用が決まるだろうと考えていたのに、何か月経っても何社受けても採用されない……という人もいるかもしれません。「キャリアやスキルには自信があったのに、なぜ?」と、自信を喪失してしまいそうになるかもしれません。しかし採用されないのは「能力が足りない」からではなく、「アプローチ方法が悪い」ケースが大半です。ここでは転職で採用されない理由や原因について解説します。■ 会社分析に...

  • 上手な転職活動の方法とは?

    転職は「今日から初めて明日すぐ決まる」というものではありません。個人の状況や目指す業界によっても差はありますが、転職活動を始めて採用を勝ち取るまで早くても1~3ヶ月、時には半年~1年かかることもあります。時間がかかるからこそ計画的に行う必要があります。また時には周囲の人達に協力をお願いすることも忘れてはいけません。■ 周囲の人に支えられている働きながら転職活動をする場合も、退職してから転職活動をする場...

  • 転職ではキャリアの整理が大切

    転職活動を成功させるには、自分自身をよく知ることが不可欠です。転職サイトには自己分析や適職・適性診断テストなどのサービスがあるので、自分の長所やスキルを一度確認してみましょう。大抵は無料で利用できます。自己分析をしてみると、自分では気づかなかった自分の一面が見えてきます。転職を成功させるには、自分自身を客観的に捉えることも大切です。■ 結果を気にしすぎない転職サイトの自己分析や適性診断の結果が思わ...

  • 転職サイトで適性診断

    自分で自己分析や適性診断をするのは、なかなか難しいものです。ただ転職サイトの中には、自己分析や適職・適性診断テストのサービスを行っているところもあります。無料で自分の長所やスキルを確認できるので便利です。興味のある方は一度、自己分析や適性診断を受けてみましょう。■ 転職サイトの自己分析・適性診断サービス転職サイトによって、自己分析・適性診断のサービス内容は異なります。多くの場合、簡単な質問に答える...

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム