トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

ハタラクティブの評判・口コミ

ハタラクティブの評判

ハタラクティブは20代を中心とした就職・転職サイトです。

・フリーター
・既卒者
・第二新卒


を対象とした就職・転職サービスで、高い評判と人気を得ています。「未経験から正社員を目指したい!」という方におすすめの求人サイトです。

「今はフリーターだけど、正社員になりたい」
「就職先が決まらないまま学校を卒業した」
「就職したけど2年で会社を辞めてしまった」

という方を専門にサポートしています。社会人経験の全くない人や、社会人経験はあるもののキャリアが少ない人に最適の転職サイトです。


■ ハタラクティブの実績

・転職支援者数・・・4万人以上
・未経験OKの求人・・・1,000件以上
・内定率・・・78.7%

社会人経験のないフリーターや既卒者、第二新卒の方が正社員に就職することは、なかなか大変です。自分一人の力だけではなかなか採用されません。

そんな方を無料でサポートするのが、ハタラクティブです。

ハタラクティブは求人募集をしている企業から人材紹介料という形で報酬を受け取っているので、求職者は無料でサービスを利用できます。

しかもプロのコンサルタントから、幅広いサポートが受けられます。

就職のプロが全面的に支援してくれるので、内定率が約8割という高い実績を誇っています。未経験から正社員を目指したい人に評判のいいサイトです。


■ ハタラクティブの利用者層

ではハタラクティブを利用しているのはどんな人達かを見てみましょう。

まず年齢を見ると、全体の48%が20~24歳で45%が25~29歳となっています。つまり利用者の93%が20代というわけです。

若者に特化した転職エージェントであることが分かります。

また経験者数を見ると、利用者の7割近くがフリーター、既卒、第二新卒などの正社員未経験者です。未経験から正社員を目指す若者が大勢利用しています。

最終学歴を見ても高卒や専門学校卒、短大卒が5割を占めています。

このようにハタラクティブは「学歴や経験がなくても正社員として頑張りたい!」という若者をターゲットとした転職エージェントであると言えます。


■ ハタラクティブのサポート内容

ハタラクティブの評判・評価

・カウンセリングであなたの希望や悩みを確認
・あなたの長所や適性に合ったお仕事の紹介
・求人サイトにはない非公開求人も豊富に取り扱う
・書類作成や面接対策など就職活動を全面サポート
・面接日や入社日の調整はコンサルタントが代行
・完全無料。全サービス一切お金はかかりません

ハタラクティブは自分一人の力で就職活動をする通常の求人サイトとは異なり、就職のプロがサポートしてくれる転職エージェントと呼ばれるサービスです。

「いい企業がなかなか見つからない」
「自分に合った仕事が分からない」
「職務経歴書の書き方が分からない」
「面接に自信がない」
「全くの未経験なので不安」

こんな状態で就職活動をしていても、なかなか採用されないものです。

一人で就職活動を行うには限界がありますので、転職エージェントを利用し、経験豊富なコンサルタントのサポートを受けるのも一つの方法です。


■ ハタラクティブ利用の流れ

1、ハタラクティブに無料登録

2、カウンセリング・就職相談

3、求人の紹介

4、応募書類作成と面接対策

5、面接

6、内定

ハタラクティブを利用するには、まずサイトで会員登録する必要があります。登録は1~2分でできます。サービスは完全無料で、費用は1円もかかりません。

その後、カウンセリングを行いますので、どんな仕事をしたいのか希望を伝えてください。するとコンサルタントが希望条件に合った求人を紹介してくれます。

採用選考も一人で行うのではなく、コンサルタントがサポートしてくれます。そのため一人で活動するよりも採用率が高くなります。

ハタラクティブなら求人サイトでは見つからない仕事に出会えますし、自分の適性に応じた仕事を紹介してくれます。プロ目線で企業選びをサポートしてくれるので、「就職に失敗したくない」という人におすすめです。


■ 書類選考通過率は96%

ハタラクティブ利用者の書類選考通過率は96%と高い数字になっています。20社を受けて19社で書類選考に通過するという実績になります。

履歴書や職務経歴書を何時間もかけて一生懸命書いたのに、書類選考で落ちてしまうとガッカリしますよね。しかしハタラクティブならそんな心配はいりません。

なぜこれほど書類選考の通過率が高いのかというと、コンサルタントがサポートしてくれるからです。志望動機や自己PRの書き方をアドバイスしてくれるので、質の高い応募書類を作成することができるというわけです。

やはりプロのサポートがあるのは心強いですね。

またハタラクティブではアルバイト経験も評価してくれる企業の求人を多く取り扱っています。通常、就職活動ではアルバイト経験は認めてくれません。

しかしアルバイト経験も認めてくれる企業の求人を豊富に取り扱っているので、フリーターの方でも書類選考に通過しやすいというわけです。


■ ハタラクティブの評判・口コミ

今まではフリーターや既卒者、第二新卒の就職活動をサポートするサービスがあまりありませんでした。そのためハタラクティブの評判は上々です。

「やりたい仕事が見つからなかったけど、いい企業を紹介してくれた」
「就職活動に失敗して自信をなくしていたけど、ついに正社員になれた」
「アルバイトを転々としていた自分をしっかりサポートしてくれた」

というような声もネット上にはあります。

通常、この手の人材紹介サイトは豊富なキャリアやスキルを持った転職者を対象としていますが、ハタラクティブは未経験者でもOKとなっています。

そのためフリーターや既卒者、第二新卒の方から高い評判を得ています。

完全無料で幅広く就職活動をサポートしてくれるので、不安や心配が軽減され、少ない負担で自分の適性に合った企業に就職することができます。

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】



このエントリーのタグ: ハタラクティブ 評判 フリーター

給料を理由とした転職はよくない?

給料を理由とした転職はよくない?

転職理由は人それぞれですが、給料が不満で転職を考える人も多いはずです。

労働白書の「転職者の転職理由」によると、「前の会社は給与が少なかったから」という理由が上位に入っています。その一方で「転職を考えているが給料が下がりそうだから迷っている」という人も少なくないようです。

転職を後押しさせるのも躊躇させるのも、給与のようです。

現在の給料が不満で転職を考えている人にとって、「給料を理由とした転職活動は、採用選考で不利にならないか」というのは非常に気になるところですよね。

そこで給料を理由とした転職理由について見てみたいと思います。


■ 転職すると給与は下がる?

まず転職をして給料は上がるのか、下がるのかを考えてみましょう。

一般的に転職をすると、給与が下がるケースが多いです。特に福利厚生が充実した大企業から中小企業に転職すると、かなりのマイナスになる恐れがあります。

また生涯賃金に関しても、少なくなる傾向があるようです。

ただこれは一般論であって、転職すると必ず給料が下がるというわけではありません。転職をして給料UPを実現した人も大勢いらっしゃいます。

また給料UPを目的に転職する人ばかりではありません。転職を行う人の中には「給料が下がっても、自分のやりたい仕事に就きたい」という人も多いです。

みんながみんな、給与を目的に転職活動をしているわけではないのです。


■ 転職した方が収入UPになることも

転職した場合とそうでない場合の生涯賃金の格差は、年々縮まっています。さらに日本の給与体系は、実力主義や能力主義に移行しています。

そのため中・長期的に見れば、転職した方が給与がUPする可能性もあります。

例えば不満を抱えながら今の仕事を続けるよりも、自分のやりたいことを実現できる会社に転職した方が有利になることも十分にあり得ます。

自分のやりたい仕事なら情熱をもって業務に取り組めるし、そうすれば給料が上がる可能性は十分あります。またあなたの能力を存分に発揮できる会社なら、初任給は少なくてもやがて能力が評価されて給与はどんどんUPしていくでしょう。

だから一概に転職すると給料が減ると考えない方がいいですね。


■ 給料を理由に転職すること

現在の給料が不満で転職活動をすることは、決して悪いことではありません。求人募集している企業側も、そのことは十分に承知しているはずです。

ただ世の中には本音と建前があります。

面接で「転職を考えた理由は何ですか?」と問われた時、「今の会社の給料が少ないから」と答えた場合、面接官はどのような印象を持つか考えてみてください。

おそらく「素晴らしい人材だ! 我が社に欲しい!」とは思わないでしょう。

つまりたとえ給与が理由で転職活動を行っていても、馬鹿正直に「今の給料が不満だから」と口にすることは賢明ではないということです。

応募企業に「この人を採用したい!」と思わせる転職理由を述べてください。


■ 現在の給料が少ない理由は?

給与が不満で転職活動を行う場合は、なぜ現在の給料が少ないのかを考えてみましょう。もしかするとそこから前向きな転職理由が見つかるかもしれません。

現在の給料が少ない理由としては、

1、仕事が嫌でモチベーションが上がらない
2、会社が自分の能力を評価してくれない
3、小さな会社で給料をたくさん出せない

といったことが挙げられると思います。

例えば1の場合は、「自分のやりたい仕事がしたい」が前向きな転職理由になります。転職理由を問われた時に、「今の給料が不満だから」と答えるよりも、「御社で自分のやりたいことを実現したい」と答える方が前向きで好印象です。

また2の場合は「実力主義・能力主義の御社の社風に魅力を感じたから」と答えた方が、給与を理由とするよりも前向きな印象を与えます。

3の場合は「もっと大きなマーケットで自分の能力を試したい」といった感じで答えた方が、やる気や情熱を感じさせて好印象です。

転職活動では応募企業に「この人を採用したい」と思わせなければなりません。そのために現状の不満を前向きな転職理由に置き換えることが大切です。


■ 転職活動のテクニックで給料UPを実現

転職活動のやり方によって、給料UPを実現させることも可能です。

その代表的な方法が、転職エージェントの活用です。

転職エージェントに登録すると、プロのキャリアコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。そのため一人で転職活動するよりも採用率がUPします。

また転職活動では企業と待遇交渉しなければなりません。しかし企業と自分の待遇を巡って交渉することに慣れていない人も多いと思います。

転職エージェントなら、コンサルタントが代理人となって企業と待遇交渉してくれます。そのため自分で企業と直接交渉するより有利な条件で転職しやすいです。

「企業と給与や待遇面の交渉をするのは苦手だ」

という人は、代理人を立てて交渉してもらった方がいいでしょう。

転職エージェントは完全無料で利用できます。給料が不満で転職を考えている人、転職で給与UPを実現したい人は、利用を検討してみてください。

おすすめの転職エージェントには、以下のようなところがあります。

DODAの無料転職支援サービスはこちら
第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】


このエントリーのタグ: 転職活動 転職理由 給料

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム