トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

成功する転職活動と失敗する転職活動

成功する転職活動と失敗する転職活動

転職活動を考えている人は、収入面や待遇、仕事内容、職場環境、あるいは人間関係などに不満を抱えている人が多いと思います。

不平や不満が原因で転職を考えることは悪いことではありませんが、不平や不満だけで転職しようとしてもうまくはいきません。

採用担当者に不満を見透かされて選考で落とされることもあるし、仮に転職に成功しても新天地で再び不満を抱えて転職を考えるようになります。

転職活動では前向きな転職理由を見つけることが大切です。

ここでは成功する転職活動と失敗する転職活動を紹介します。


■ 失敗する転職活動の例

会社に不満 → 転職 → 転職先でまた不満 → 転職

不満だけで転職を行うと、思考に悪い癖がついてしまい、転職先でちょっと嫌なことがあるとすぐ転職に走るようになります。

注意しなければならないことは、転職を何度も繰り返すと次第に雇ってくれる会社が少なくなり、雇用条件も厳しくなってくることです。

そうすると「採用してくれるだけでありがたい」と入社したものの、やっぱり仕事や職場に不満が生じ、また転職活動を始めることになります。

気がつくと転職数だけは増えたものの、なんの技能もキャリアも積み上げることなく、給料も上がらないまま年だけを取っていくことになります。

このような悪いサイクルに入ると、抜け出すのは困難です。転職回数が無駄に増えつつある人は、十分に注意してください。


■ 成功する転職活動
成功する転職活動

もちろん転職は悪いことではなく、成功するいい転職も存在します。

それは「自分のやりたいこと」を明確にし、「やりたいことが実現できる会社に入社」して、「希望する仕事で能力を発揮」するというものです。

転職する目的と意識をしっかり持っている人の転職です。

会社に入ってすぐに「自分には合わない」と感じることがあっても、すぐに辞めるのではなく、「最低1年間は頑張ってみよう」と考えてください。

そして仕事をしながら「自分は本当はどんな仕事をしたいのか」をじっくりと考え、その答えが明確になったら転職に踏み切ってください。

また自分自身をより向上させるために、高い技術を持つ会社に転職し、そこで技術を習得してさらに高みを目指して転職する人もいます。

このような転職は、成功するいい転職と言えるでしょう。

要するに目的意識を持った転職は、必ずあなたにいい結果をもたらします。


■ 不満から目指すべき道を探す

転職を考える人は、みんな何かしらの不満を抱えているものです。しかし不満だけで会社を飛び出すと、転職に失敗する危険があります。

もし現状に不満があるのなら「自分はどうしたいのか」「何をしたいのか」という疑問を徹底的に追求していきましょう。

そうすることで「自分はこうありたい」「こんな仕事がしたい」といった目指すべき方向性や目的が見えてくるはずです。

目的意識を持って転職活動を行えば、きっとその転職は成功するはずです。


■ 前向きな転職理由を見つけよう

現職に不満があるということは、仕事に対して何かしら希望があるはずです。

「~が嫌」という気持ちの裏には「~がしたい」という願望があると思います。この「~がしたい」という願望が、あなたの転職理由です。

例えば今の仕事がつまらないのなら、なぜつまらないのかを考えてください。もしかすると自分のやりたい仕事ではないのかもしれません。

では本当はどんな仕事をやりたいのかを突き詰めてみましょう。

その答えがあなたの転職理由・転職目的になります。

「~が嫌」という現実逃避的な理由で転職活動をすると失敗します。「~がしたい」という前向きな理由を見つけることが、転職成功の秘訣です。


◆転職活動に役立つサイト

DODAの無料転職支援サービス
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

第二新卒の就職なら!【ハタラクティブ】


このエントリーのタグ: 転職活動 成功 失敗

転職活動で何社受けても採用されない原因

転職活動で何社受けても採用されない原因

転職活動を始めた当初は、すぐに採用が決まるだろうと考えていたのに、何か月経っても何社受けても採用されない……という人もいるかもしれません。

「キャリアやスキルには自信があったのに、なぜ?」

と、自信を喪失してしまいそうになるかもしれません。しかし採用されないのは「能力が足りない」からではなく、「アプローチ方法が悪い」ケースが大半です。

ここでは転職で採用されない理由や原因について解説します。


■ 会社分析に力を入れよう

中途採用の場合、企業は「こんなスキルを持った人材」「このポストで活躍できる人材」など、採用したい人物像が明確になっているケースが多いです。

そのため単に自分のスキルやキャリアをアピールしても駄目なわけです。

1、企業がどんな人材を欲しているかを把握する

2、自分がそれにふさわしい人材であることを強調

ただ自分の強みや長所をアピールするだけでは、採用につながりません。相手がどんな人材を求めているかを把握し、自分がそれに合致していることをアピールする必要があります。この視点が抜け落ちると、独りよがりな自己PRになります。

どんなに魅力的な商品でも、それを必要としない人は購入しません。転職も同じです。どんな優秀な人材でも、その企業が必要としなければ採用されないのです。

採用されるには、企業が求めている経歴や能力をアピールすることが大切です。


■ 転職理由や志望動機は具体的に

書類選考や面接で特に重視されるのが、転職理由と志望動機です。

ここでのアピールが弱いと、なかなか採用につながりません。自分ではしっかりアピールしているつもりでも、表現が抽象的だと相手に伝わりにくいものです。

そのため転職理由や志望動機は、具体的に述べることが大切です。

転職理由では「なぜ前職場を退職したのか」「転職で何を実現したいのか」を前向きに述べてください。自分のやりたいことを明確にすることが大切です。

また志望動機では「その企業に応募した理由」「他の企業ではなく、その企業でなければならない理由」を述べてください。具体的に述べるには企業研究が不可欠です。志望動機が思い浮かばない人は、企業研究に力を入れましょう。


■ 本音で語ることも大切

転職活動で採用されない理由

本音で喋りすぎると不採用になるのでは・・・という不安から、優等生的な模範解答を繰り返す人もいます。しかしこれが逆効果になっている可能性もあります。

優等生的な回答は一見素晴らしく思えますが、その人の本音が見えにくく、また面白みに欠けます。そのため面接官の印象に残らない場合も多いです。

また応募者の本音が見えないと、企業側も不安で採用に踏み切れません。

もちろん何でもかんでも本音で喋ればいいわけではありません。例えば転職理由を述べる際に、前職場の悪口や批判は厳禁です。

しかし「ここだ!」という場面では、自分の本音をしっかりぶつけてください。

転職活動が長引くと面接にも慣れてきて、様々なテクニックが身につきます。テクニックに走ると、あなたの本音が見えにくくなります。なかなか採用されない人は、おかしな面接テクニックが身についてないかも確認してください。


■ 組織に順応できる姿勢もアピール

またいくらスキルやキャリアを的確にアピールしても、性格や人間性で不採用にされてしまうケースもあります。特にこんな人は要注意です。

・「自分を採用しないと損をする」という態度を取る人
・自分の専門分野にこだわり過ぎる人


採用側は「会社の社風に合っているか」「既存社員と仲良くできるか」といった部分も見ています。謙虚の態度で順応性があることもアピールしてください。

転職活動は自信を持って行うことが大切です。しかし自信が過信になると、自己PRをした際に傲慢な印象を与える恐れがあります。この点も注意してください。

また自分ではそんなつもりがなくても、話し方や態度で横柄な印象を与える人もいます。自分の癖やちょっとした仕草も再チェックしてみてください。


■ 転職エージェントを利用する

自分一人で転職活動を続けても道が開けない場合、転職エージェントを利用した方が賢明です。キャリアコンサルタントのサポートを受けるのです。

転職エージェントに登録すると、求人の紹介から職務経歴書の書き方、面接対策、応募企業との待遇交渉まで、無料で幅広く支援してくれます。

そのため一人で転職活動を続けるよりも、採用率が上がります。

一人で転職活動をしていると、自分の欠点やミスに気づきにくいです。そのため何度も同じ失敗を繰り返し、不採用が続くということも珍しくありません。

ですから転職エージェントを利用し、第三者の客観的なアドバイスに耳を傾けてみましょう。プロのコンサルタントが適切な助言をしてくれるはずです。

転職エージェントを利用した途端、すぐ採用が決まるというケースも多いです。

転職活動は長引くと、どんどん不利になっていきます。何社受けても採用されない人は、早めに転職エージェントを利用してサポートを受けてください。

有名な転職エージェントには、以下のようなところがあります。

転職者満足度No.1のDODA(デューダ)について
10万件の企業口コミ。キャリコネ転職サービス


このエントリーのタグ: 転職サイト 求人サイト 転職の方法

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム