トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

転職・求人サイト比較

カテゴリー

最新記事

スポンサードリンク

転職活動と失業中の過ごし方

転職活動と失業中の過ごし方

転職活動では、在職しながら転職活動をする人もいれば、退職して転職活動を始める人もいると思います。退職者は失業中の過ごし方にも気をつけましょう。

失業期間が長引くと生活が乱れ、転職の意欲も薄れてきます。失業期間を健全に過ごすことが再就職の近道でもあります。

ここでは転職活動と失業中の過ごし方について紹介します。


■ 失業期間を乗り切るには

・雇用保険など各種社会保険の手続きを行い、資金を確保する
・自由な時間を有効利用し、自己啓発を行う
・転職活動では頑迷なこだわりを捨て、柔軟に対応する
・応募書類をしっかり作成し、前向きで熱意ある姿を見せる

転職したいという意思だけでは、転職活動はうまくいきません。気持ちが空回りしないよう、きちんとした転職計画を立てて行動するようにしましょう。

また失業中は収入源がなく、しかも転職活動ではお金がかかります。そのためいかに資金を確保するかも失業中に考えておく必要があります。

転職活動に専念できるよう、失業期間中に資金を蓄えておきましょう。

在宅で副業・仕事をする方法
サラリーマンでもできる副業


■ 気分転換をしよう!

自ら会社を退職した人はともかくとして、中にはリストラや倒産で失業した人もいると思います。不本意な転職を強いられた場合は、ショックだし落ち込みます。

そんな気持ちを引きずったまま転職活動を行ってもうまくはいきません。

失業すると不安や焦りから「すぐに次の職を」という思いが芽生えると思いますが、まずは気持ちを切り替える意味でもリフレッシュしましょう。

今まで忙しくてできなかったことや、挑戦してみたいことなどがあれば、失業中の自由な期間を使って実行してみるといいですね。

ただあまりダラダラとやってしまうと、就職する意欲がなくなる恐れがあります。自分で期間を設け、計画を立てて失業期間を過ごしてください。


■ 失業中のアルバイトはOK?

失業中の過ごし方

雇用保険の失業給付は、「就職しようとする気持ちとその能力があり、就職活動しているにもかかわらず就職できない人」に対して支給されます。

そのため就職せずアルバイトしている人は、「原則として」支給されません。また継続的にバイトをしていると、就職したと判断されて給付が受けられなくなる可能性もあります。

ただしバイトの全てがダメというわけではないし、週1~2日程度なら申告することで給付を受けることもできます。

大切なのはハローワークに正直に申告すること。もし不正な申告を行えば、受給額の全額返還、悪質な場合は倍返しを要求されることもあるので注意しましょう。

お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】



■ 健全な失業期間の過ごし方

これまで毎日懸命に働いてきた人は、失業期間くらいのんびり過ごしたいと考えがちです。しかしつい度が過ぎて、生活を乱してしまう人も少なくありません。

失業給付があると焦りも減り、転職の意欲も薄れがちになります。生活が乱れすぎると、いざ再就職した場合、新しい仕事に適応できない恐れがあります。そこで、

・今は何をすべきかという目的を持ち、それに沿った生活を送る
・転職活動の計画を立て、意識を持って行動する
・図書館で勉強する、資格取得を目指すなどの自己啓発を行う

失業中の過ごし方では目標や目的を持つことが大切です。


■ 自己啓発で自分を磨こう

失業期間中をダラダラ過ごしてしまうと、後で取り返しのつかないことになります。趣味や遊びでリフレッシュしたら、自分磨きで将来に備えてください。

在職中にはできなかった、知識やスキルの習得、資格の取得に励みましょう。

これは転職活動をする際のアピール材料になります。単に知識やスキルのアピールだけでなく、自己啓発に取り組む前向きな姿勢を示すことができます。

転職先が決まらず失業期間が長引いた場合も、自己啓発に取り組んでください。

失業期間が長引くと、転職活動に不利です。採用担当者に「どの企業もこの人物を採用しなかったのか」と思われると悪印象です。しかし何か勉強をしていると、

「失業期間が長引いたのは、自己啓発を行っていたから」

と言い訳ができます。

ヒューマンアカデミーにはビジネスや語学、WEB・パソコンだけでなく、趣味講座もたくさんあるので、失業期間中に何か勉強してみるのもいいですね。





■ 転職の準備を進める

転職の準備をしておくことを忘れてはいけません。

ネット上にはたくさんの転職サイトがあるので、大手のサービスを中心に会員登録しておくといいですね。そうすれば転職活動を始める際に、スムーズに動き出すことができます。できれば失業したらすぐに転職サイトに登録しましょう。

失業期間中に情報収集しながら過ごすわけです。失業期間中に絶えず転職市場の情報を集めておくと、転職活動時の大きな武器になります。

また近年は多くの転職サイトでスカウトサービスが導入されています。事前にスカウト登録しておき、どんな業界・職種の企業がアプローチしてくるかを失業中に確認できれば、転職活動の方向性を見出せるかもしれません。

転職サイトを有効利用し、無駄のない効率的な転職活動を行ってください。

DODA(デューダ)の詳細はこちら
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ


このエントリーのタグ: 転職活動 失業中 過ごし方

転職を決意する7つの理由

転職を決意する理由

社会人として何年も働いていたら、誰しも必ず一度は転職を考えたことがあるはずです。あるいは入社1日目で転職を考えた人もいるかもしれません。

転職を決意する理由は、人それぞれです。仕事や会社に対する不満や人間関係に関すること、やりたいことが他に見つかった・・・etc。

転職を考えている人の中には「絶対に転職したい」という人と、「漠然と転職を考えている」という人がいると思います。あなたはどちらに該当しますか?

ここでは転職を決意する理由を見ていきたいと思います。


■ 不満が転職活動の原動力

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、「現状に対する不満」という点で共通します。今の会社や仕事に不満のない人は転職など考えないでしょう。

会社や仕事に不満を持つことは悪いことのように一見思われますが、そうではありません。人は不満があるから改善しようと考えるし、向上心を持っているから現状に対する不満が生まれるのです。不満を持つことはいいことなのです。

ただ転職活動を行う場合、不満を抱えたままではいけません。不満の原因を明らかにし、前向きな目的に転換することが転職活動では必要です。

あなたは現在、会社や仕事に対してどんな不満を抱えていますか?

今後の転職活動の目的を明確にするためにも、自分の抱えている不満を明確にする必要があります。一度不満を紙に書き出してみるといいでしょう。


■ 転職を考えるきっかけ

転職を決意

あなたは現在の会社や仕事に満足していますか? もし以下のような不満を抱えている場合は、転職で現状を打開する道も検討してみましょう。

1、今の仕事が自分には向いていない
2、給料やボーナスが少ない
3、結果を出しているのに出世させてくれない
4、嫌な上司や同僚がいて耐えられない
5、新しいことに挑戦したい
6、会社に将来性がない
7、リストラされそうだ

最近は上司や同僚との人間関係で転職を決意する人が増えています。また会社の現状や将来に不安を感じて転職を決める人も多いです。

もちろん不満があるからすぐ転職するというのは早計ですが、もし1つでも該当するなら転職のことを少し考えてみるのもいいですね。

転職することで思わぬ道が開けることも十分にあります。


■ 絶対に転職したい派

絶対に転職したいという決意があるなら、すぐに転職活動を始めましょう。

ただそこで考えたいのは、「退職してから転職活動を行う」か「在職のまま転職活動を行うか」です。基本的には在職しながら転職活動を行った方が無難です。

しかし働きながらの転職活動では、十分に時間を割けません。「こんな会社、1秒たりともいたくない!」という人は退職して転職活動を行うといいでしょう。

どちらを選ぶにせよ、冷静に考えて決めてください。感情的に決断すると、後で悔やむことになります。頭を冷やしてどちらの方が自分に有利を決めてください。


■ なんとなく転職派

今すぐ絶対に転職したい人は、すぐにでも転職系の求人サイトに登録して、求人探しを始めるようにしてください。しかし中には、

・今すぐではないが、転職を考えている
・転職に不安があって踏ん切りがつかない


という人も少なくないと思います。

そんな「なんとなく転職派」の人は、求人サイトのスカウトサービスを利用してみるのもいいでしょう。スカウト登録しておけば求人企業からオファーが届くので、その状況を見て転職を決断するということも可能です。

自ら積極的に求人探しをするのではなく、受身の形で転職活動ができるのが、スカウトサービスです。もちろん今すぐ転職したい人にもおすすめです。

転職者満足度No.1【DODA】の無料転職サービス
10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ
このエントリーのタグ: 転職活動 決める 理由

人気転職サイトランキング

★1位:DODA(デューダ)★



★2位:JAIC(ジェイック)★

★3位:マイナビエージェント★

転職サイト紹介

スポンサードリンク

検索フォーム